スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一口にヘッジファンドといいますが

世間を飛び交うキーワードとして「サブプライム・ローン」そして先週木曜・金曜で「ヘッジファンド」というキーワードが飛び交いました。


ヘッジファンドという用語は定義がはっきりしない(まちまち)の一面がありますがかなり世間に根付きつつあるようです。株式投資を冗談程度にやっている人でも今日ヘッジファンドの話をしていました。市場影響力がかなり高いことはかなり認知されているようですね。


気をつけたいのは、我々は「外国人=無敵」「外国人=ヘッジファンド」のような錯覚を時にしてしまうということです。もっとも、日本市場のトレンドを事実上握っているのは事実ですし、彼らが総じて2003年から継続してきた買い越しスタンスが一転して売り越しスタンスに代わればとんでもないことが起こることは間違いありません。


ヘッジファンドの中には、ポンド危機やアジア通貨危機を仕掛け歴史の教科書に掲載されるに至るようなジョージ・ソロスのようなものもいれば、今回のサブプライムでファンドをぶっつぶしてしまうものもあり、偏った相場の見方は危険と思います。またスタンスも、タームの長い・短い(短いものは一説には仕手戦ばかりしているとか)、順張り逆張りといろいろあることかと思います(総じて、順張りが多い気がしますが・・・)


またロングショート解消の動き(鉄鋼・非鉄・海運・商社など VS 銀行を中心とした内需)が取りざたされますが、外資系のL/Sのシステムトレードは、我々個人投資家が考える以上に進化しているらしく、例えば日本市場内でのセクター間にとどまらず、現先、商品など他市場は当然ですが、さらに時差もなんのそので国境を越えた市場間(例えば、中国銀行ロングVS日本銀行ショート、とか)、もっと緻密なものではセクター内の複数銘柄(例えば、昨年末の新日鉄ロングVS住金ショートなど)もあるようです。個人投資家の間でもシステムトレードが結構話題になっていましたが、彼らからすればこんなものはシステムトレードでもなんでもないことでしょう。


先週の個別銘柄の変な動きは昨年冬頃からの相場を理由付けるのに非常に勉強になるものが多く、洗いざらい見てみると、ひょっとしたら先の資金の流れに敏感になれるかもしれません。意外だったのはCAあたりの底値売りはまた個人の投げかと見ていたら、かなり個人が買いに来ており、どうもロング組成していた何者かの売りだったようです。新興で負けているのは個人投資家だけはなかったようですね。


今日のところはリバウンド地合でストップ高銘柄も続出でしたが、やはり17000手前で失速、為替動向もまだ緊張感があるため、継続性はなんともいえないところです。


【本日のトレード】
本日はにわかデイトレが多いであろうことから、するすると上昇後にどっと利食いが出て力尽きる展開を予想していました。まあだいたいそんな感じではあったものの、寄り付き前に一気に買い注文が飛んできたり、225先物の急上昇には正直驚き。しかしながらうさんくささ満点・・・といってもここまで激しくリバウンドするとは想定外でした。


17000はまあ無理でしょうし、いかにもやり過ぎ銘柄も続出していましたから、寄り後の上昇はこぼしたものの、ショートで入るにはまあまあ攻めやすかったです。


もちろん、持ち越しは外部環境からどっちに飛んでもおかしくない状況、バクチになってしまうスイング勝負をやる気はありません。ただデイトレをやるにしてもこのメチャクチャな動きは難しいです。


・寄り付きにプリヴェを買ってみました。
・ショートはブイテク、日本金属工業、日本治金、乾汽船、三菱マテリアル。特に日本金属工業は幸運にも529とグッドタイミングで入れました。三菱マテリアルは踏みましたが他は大引け手前まで粘ってなかなかの成果。ブイテクは決算恐怖がピークに達する明日まで持ち越し。



【現在のポートフォリオ】
(株式)
買建:プリヴェ企業投資HD(6720.T) @51*40000
売建:ブイ・テクノロジー(7717.T) @222500*10


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税引後)
46060(+496) [+1.07% : +99%]
(FX)前週比:前年比(税引前)■週末のみ更新します
5672(0) [0% : +41.8%]


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大     株☆ブログランキング


スポンサーサイト

機関投資家の売買システム

以前にもチラチラ書いていますが、ネット証券経由の個人投資家と異なり、機関投資家はより多くの開示データを享受できるオンラインシステムにて発注を行っています。


私も見たわけではないので詳しいことを知りませんが、このオンラインシステムは、ネット証券と比べ、下記の点でアドバンテージがあるらしいです(下記情報はネット情報や口コミの受け売りです)。


1.個別銘柄の手口情報を全て見ることができる(具体的にどのレベル・メッシュの情報なのかは不明)。
2.板情報を値幅いっぱいまで全て見ることができる。
3.差金決済制限がない。理論上は一日無制限にディーリングできる。
4.信用取引ではないので信用枠もない(この辺はルール不明)
5.引け直前でも注文を入れることができる。引け前に急上昇するのは機関投資家のまとまった注文が入っている証拠(昔のTOPIXコバンザメ投資法は、これを逆利用)
6.引け注文を見ることができる(いわゆる不成注文)
7.注文執行のレスポンスがネット証券と比較し高速
8.空売り注文を一回で大量に入れられる。ただし空売り規制ルール違反しないように指値は違反ギリギリの価格に強制変更され執行される。つまり大型株で強烈な板が上からズンズン降りてくる現象は大量の空売り注文が入っている可能性が高い。(ネット証券は同一銘柄当日グロスで50単位オーバーした時点で注文エラーになるところが多い)

9.クロス注文を規制する何らか(?)のチェックが入るらしい


うーん、どこが公正市場でしょうか・・・売買規制は大目に見ても、少なくとも、個人への開示データ(ネット証券へロイターまたはQUICKが配信しているやつ)との明白な違いまでもが平気で容認されているなんて・・・


なお、上の情報はあくまで受け売りですので、間違ったことを書いていたらコメントしてください。また、他にこんなの知っている、というのがあればぜひ教えてください。

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大     株☆ブログランキング

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
775位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。