スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外為オンライン、iPhone対応!

今日は方向感全然わからず・・・ですので外為オンラインのiPhone対応の話題です。

外為オンラインはスプレッド、スワップ、取引システムの使いやすさ、対応通貨ペアの多さ、すべてにおいてトップクラスで個人的には気に入っていましたが、痛い欠点はiPhoneからトレードができないことでした。これは正直痛すぎました。

そこで早くからiPhone対応していたDMM.com証券を使っていましたが、外為オンラインもいつの間にか対応していたようです。

続きを読む

スポンサーサイト

ついに法人口座審査パス!DMM FX

先般の記事「外為オンライン法人口座審査落ち!」 で少しヘコんだのですが、気を取り直して申し込みをしたところ、DMM FX で口座開設できました!


ネット情報では審査なんてほとんどないと言われるFX口座ですが、先般の外為オンライン でまさかの審査落ち、そしてDMM FX では申し込み書類送付後、何と電話が!内容は「投資経験についての確認」で、私が間違って個人での投資経験を書いてしまい(法人では経験はない)、おかしいのではないですか?というものです。審査はしているんですね。


ちなみに個人でもDMM FX に口座開設しているのですが、電話審査はありませんでした。確かセントラル短資FX では電話でヒアリングがあったような記憶がありますね。かなり昔ですが。


私もいろいろFX取引システムを使いましたが、外為オンライン は取引システムにかなり慣れていて(どうもEMCOM系は苦手でして)、スプレッド・スワップも申し分なく、機能的にはNewsチャートが個人的にはヒットでこれまで最強としてきましたが、最近の悩みはiPhone対応していないこと。これで対応してもらえれば完全最強なのですが・・・あと法人審査も通してくれれば(笑)


DMM FX は取引条件は外為オンライン とさほど遜色ないと思いますが、苦手のEMCOM系なのです。何とも画面がごちゃっとした感じがあってよく誤発注してしまう(笑)。これはEMCOMとは関係なくDMM.comのセンスかもしれませんが。売りと買いをよく間違える画面構成なんですよね・・・私だけかもしれませんが。


ただiPhone対応しているのが非常にありがたいです。こちらは非常に見やすいし操作しやすい!EMCOMじゃないのかな???


外為オンライン

DMM FX


【本日のトレード】
サイバーエージェントが反発してきたので残念ながら撤退しました。本日朝に時間足下降トレンド脱出したユーロドル買いでエントリー中。


【現在のポートフォリオ】
ユーロドル買い


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

外為オンライン 法人口座開設審査落ち!

FX取引で長年愛用している外為オンライン の法人口座開設の申し込みをしたのですが、何とも悲しいことに、審査落ちしてしまいました。


個人のときはいともスピーディ・簡単に口座開設できたし、ネットでの情報によれば法人口座審査は楽勝みたいなことを書いていたので、まあ通るかなとおもっていただけに、少々ショックです。逆にクレジットカードなどは法人契約は通りにくいとのことですがあっけなくUFJニコスは審査パスしただけに・・・


理由についてはよくわからず、審査不合格の1枚紙切れが届いて終わりです。1期目である、資本金の額が少ないといったことが考えられそうですが、FX会社側にリスクがある項目ではなさそうなだけに、真相はよくわかりません。なんででしょうか、んー?


でもFX会社としてはピカ一だと思ってますのでリンクしときます(宣伝)



外為オンライン


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

いまさらメタトレーダーの凄さに気付く

いまさらながら、MetaTrader4にはまっています。存在はずっと前から知っていましたが、なぜ今まで使おうとしなかったのか自分が理解できないぐらいはまっています。


MT4の凄さは百聞は一見にしかずで、ユーザーならすぐにわかることかと思いますが、
チャートツールとしての機能がずば抜けており、画面のカスタマイズや豊富なインディケーター(しかもカスタマイズ追加できる)を有していて、ユーザーを力の入れようによりシンプルに使うこともヘビーに使うこともできます。個人的にはチャートの組表示がお気に入りで、これは複数チャートのテクニカル属性や画面構成のみならずトレンドラインなどユーザが記入したものまで「組」として保存し、必要に応じて呼び出せるというものです。また、インディケーターについても標準装備のものだけでなく、独自のプログラム言語によりカスタマイズ追加できますが、ユーザーが世界的に多いのでインターネットを探せば独自のインディケーターをダウンロードして使うことも可能です。私が何を見ているかはおいおい書くとして・・・いくつかダウンロードしてみています。


また操作性が抜群に良く、株式なら楽天証券のマーケットスピードが最強と思っていますが、FXならMT4、と言えるかと思います。表示通貨ペアも豊富で(接続サーバー、業者によるみたいですが)、さらにDJIAやCFDのリアルタイムも照会できます。DJIAのリアルがサクサク見れるのはありがたいです。オフラインチャート機能を用いて10年チャートを見る、なんてこともできてしまいます。


ここまでの機能を持ちながらフリーときたもんですから、通常のチャートツールとしてMT4を利用すれば、すでにFX業者のチャートは見る必要がなくなります。個人的にはFX業者の差別化要因としてチャート機能は完全に消えましたね(もっとも、MT4以上のチャートツールを有していれば話は別ですが・・・)


Expert Adviserによるシステムトレードについてはまだ幼稚園児状態ですが、時間があればそのうち勉強してみたいと思います。が、それ以前にチャートツールとしても凄すぎます。


あえてケチをつけるところといえば、時間が日本時間表記でないこと、および発注機能がもう一つかな・・・という程度でしょうか。


MetaTrader4はロシアのMetaQuotes社が開発したツールで下記から無料ダウンロードできます。MetaTrader4から発注したい、あるいはシステムトレードに挑戦したいという場合は、国内業者ではODL Japanが最有力でしょう。CFD口座も開けばMetaTrader4からCFD(貴金属・原油)チャートチェック+発注もできます。またMetaTrader4日本語マニュアルも設置されています。


MetaQuotes社(ロシア)


ODL Japan

ルポ「貧困大国アメリカ」

ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)/堤 未果
¥735
Amazon.co.jp


正直言ってアメリカ格差社会がここまでひどいとは思っておらず、背筋に寒気を感じました。本書では教育・医療などの社会保障が民営化という名のもと市場原理を持ち込まれ、格差がどんどん拡大、医療現場にも市場原理がはびこり一度病気をやってしまうとたちまち貧困層にたたきおとされる構図、貧困層はジャンクフードばかりの生活を余儀なくされ肥満大国となっているそうです。アメリカはすでに貧困層が一部の富裕層の利益を拡大させるシステムががっちりと確立されています。はたまた民営化の波は戦争・軍事にもおよび、戦争ビジネスとそれに就業せざるを得ない経済的状況の人々など、まるで新自由主義の名のもとに推進された資本家階級による労働者階級層の支配構造です。


アメリカにはもはや徴兵制は必要なく、社会保障の削減など格差を広げるような法制をしいていけばよいのだそうです。必然的にその追い詰められた経済的状況から志願もしくは戦争請負業界に飛び込んでいくんだとか。


しかし、これはもはや海の向こうの他人事ではなく、我が国も民営化政策の推進、年金制度の崩壊、社会保障の削減など、格差社会の足音は徐々に忍び寄ってきています。なんとかアメリカの今日のような姿となるのは回避したいものです。


珍しく書籍レビューでした。


【今週のFX】
週初に窓あけトレードで会心の一撃を放ちましたが、その後戻りショートが何度か失敗し、利益を飛ばす格好に。現在はドル円ショートのみですがクロス円ショートも狙っています。総じてMACDがGCとなり反転をにらむ展開となっていますが、こういうときにはクロス寸前で強烈なダマシとなるケースが多くなんともいえず。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
なし


(FX)
売建:USD/JPY @101.3*100000
レバレッジ:0.38
スワップ(1日):-590


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
52390(+355) [+0.68% : +30.36%]
(FX)前週比:前年比(税30%控除)■週末のみ更新します
23985(+26) [+0.11% : +31.89%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
692位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。