スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX個人投資家の傾向記事

本日の日経新聞の記事によれば、日本の個人投資家のFX投資指向は従来のBRICS相場の円キャリー取引全盛時代(2007年ごろ、リーマン前)と比較し、ユーロドルをはじめとしたドルストレート取引や、従来は何の面白味もなかったスイスフラン円などが増加傾向にあり、逆にドル円やクロス円は減少傾向にあるとのことです。(もっとも、比率でいうとまだまだウェイトは高い)

やはりトレンドのあるところが投資対象として好まれていることがうかがえます。

しかし個人投資家はトレンドに対する相場参加が遅く、最後にババをひかされ、さらには落ちたナイフを拾って大けがするなど、いつも相場のヤラレ役となる投資主体です。現在はBRICS相場時代(リーマン前)とは違い、円キャリーからドルキャリーに移行して商品市場などリスク資産の相対的価値を高めています。したがって何かの拍子(たとえば中国不動産市場の大規模調整など)で一気にキャリー巻き戻しでドルが急騰、なんてシナリオもなくはなさそうな気がします。

もっとも「米ドルが紙くずになる」なんて記事をさんざん見かけるようになり、米デフォルト問題が世間のすさまじい注目を集めていてまさかのシナリオがなければの話ですが・・・あと8月2日を過ぎたとて、巨額債務には変わりないわけで・・・

■本日のトレード
今月はもうトレードしないと先般書いたばかりですが、超短期限定でユーロ円と225ミニをショートし、それぞれさきほど利益確定しました。

■現在のポートフォリオ
なし

■ランキング応援クリックお願いします!
人気ブログランキング 
スポンサーサイト
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
692位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。