スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リーマントレーダーの種別

一口に短期リーマントレーダーといっても、いろいろな相場環境があるかと思います。例えば、

(1)日中、まったく板を見れない。夜だけ。

(2)日中、インターネットが使えないので携帯しか使えない。

(3)寄り付き前と昼休みにインターネットで板を見ることができる。

(4)自席にいるときは、場をインターネットでチラ見できる。

(5)一日中、場にバッチリ貼り付ける。


(5)の人はサラリーマンとしていかがなものかと思いますので下記では省略します。


私はビジネスコンサルティングの仕事をしていますが、とても裁量労働の色合いの強いところなので実は結構自由利きます。9:30までホテルで相場やって、10時から出勤とか。しかしながら、クライアントによっては顧客先勤務になったり、打ち合わせばかりしていたり、あるいは仕事自体もなかなかハードな業界ですので、どれが該当するかというと微妙です。現在はラッキー(?)にも(4)ですが、1日自席にいない日もあります。忙しくてそれどころでない場合もあります。またクライアントによっては(1)になってしまうことがあります。地方のド田舎の工場で携帯が入らずインターネットも使えずで、夜のホテルで相場のチェックを行う、なんて時期も半年ぐらいありました。

基本的には、時期や日、仕事量によって(2)~(4)のいずれかになります。


短期リーマントレーダーとしては、上の番号が大きければ大きいほど、情報をより多く享受でき、有利な環境といえそうです。しかしそれが投資成績と直結するかというと、必ずしもそういいきれないように考えます。特に(4)は最も有利な環境ではありますが逆に感情の弊害が入ってしまうことがありえます。


何のことを言っているかというと、例えば、チラ見していたところ、たまたま自分の銘柄がガクンと下がり、恐怖を感じて逆指値を待たずに売らされて、その後反発してしまったり、逆に、監視銘柄が勢い良く上げて、チャンスだと仕掛けたところ、そこが高値圏だったりと、感情にトレード計画を動かされてしまう恐れがあるためです。また、監視ボードが全てプラス状態で活況であり、自分だけ儲かっていないような気分になり、やらなくてもいいトレードをしてしまう、なども弊害として考えられます。

チラ見した瞬間が全てであるという錯覚に陥り、肝心の計画を無視したトレードになりうることがあります。しかし株価は常に気まぐれな心房細動を繰りかえしており、チラ見の瞬間はその1コマに過ぎません。皆さんも経験があるのではないでしょうか。


その点、(2)(3)は感情にとらわれる可能性が低く、また最近は逆指値もあるため、場中のトレードは完全に機械的に実行可能です。短期リーマンは日足チャートがメインですから、日中足に必要以上にこだわらなくても、これで十分なわけです。


実際、私は、2004年は(2)の環境が多く、2005年は(4)の環境が多かったのですが、パフォーマンスは2004年のほうが上でした。2004年は新興暴落が発生し、225は長期ボックス入りし、相場環境は必ずしも絶好とはいえない年でした(悪いとも言いませんが)。しかし、私は2005年にチラ見仕掛けから大損失をやってしまい、これが仇となって2004年のパフォーマンスを何と下回ってしまいました。こんなに225が絶好調であったにもかかわらず、です。


ただし、自分は全くの売買マシーンである、トレードに感情移入が一切発生しない、と自信を持っていえる方であれば、間違いなく(4)が有利であることを蛇足ながら付け加えておきます。このような方は、むしろ市場でも最強の投資家であると考えます。最大級の敬意を表します。


225テクニカル上は相場環境の好転と見えますが、ユーロ天井示唆、逆にドルは高値更新目前、NYダウ反発の正体は原油下落と、不安定要素もあります。環境良好と考えていいと思いますが、全力買いするような相場でもないと思います。


【マイポジション】
買建:SJホールディングス(2315) 平均@120000*40

買建:インテリジェントウェイブ(4847) @121000*20

買建:東邦亜鉛(5707) @1005*3000

買建:駒井鉄工(5915) @350*15000

買建:東京機械(6335) @424*8000

買建:Human21(8937) 平均@1837*1000

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■コンサルの仕事

大変そうですが、面白そうですね。
まさかDIではないですよね?^^今日買いました。
自分は、④ですね。・・・仕事しないと!

2 ■Re: コンサルの仕事

コメントどうもです。この業界はお客さんの知識の常に上いっていないといけないので、日々勉強が大変です。残念ながら、DIではありません・・・
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
940位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。