スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私の教科書

私の株式投資の教科書(バイブル)です。私の体の大部分はこの二つが占めています。アメブロ・アフィリエイトごときにはリンクしていませんのでお気軽にクリックして下さい。


吉見俊彦氏 「チャート分析の真実

・1996年のバブル崩壊後反撃相場の終焉による相場退場、そして2000年のITバブル崩壊の二度の長期下降トレンドにて、すっかり自分に自信が無くなり、株式投資のやる気がなくなり、疑心暗鬼になっていた私を窮地から救った一冊です。淡々と延々と理論がつづきますので読むのはしんどいですがなぜか妙に相性が会ったのか電車の中でボロボロになるまで何度も読み返しました。これから株を始める人には大変な内容とおもいますが、売買経験のある初心者は頑張って読む価値ありです。淡々としていますが奥が深い!


みっちゃん師 「アパッチ

・偶然吉見氏の名前でネット検索したらヒットし、その日から毎日読んでいます。雲の上から静かに相場を眺めておられるようなお方です。私はチャート市況の一連チェック、明日の戦略の計画後、その含蓄あるお言葉を読ませていただいています。相場観の修行になると思います。ただ、最近のみっちゃん師はどうも株式のやる気が無いらしく、少し残念な気持ちです・・・


この2つのバイブルに出会うまでも私は数々の書籍を読み、日々経済動向をチェックし、いろいろ勉強をしてきました。しかし所詮は頭でっかちのテクニカル小僧であり、かつファンダ絶対信者に過ぎませんでした。この2つのバイブルに出会い、投資パフォーマンスがジワジワ上昇し始めました。そしてインターアクション、フィールズ、ブイテク、セガトイズ(懐かしい・・・)を執拗に攻めてついに道を切り開くことができました。


投資スタイル問わず、屋台骨となるセオリーはそんなにたくさん要らないと思います。なにせ個人投資家では情報量や知識量には限界があります。もっとも、資金量がもっと増えてくると限界が出てくるかもしれません(今でも、少し限界を感じつつある・・・)。今まで頼ってみたものの、パフォーマンス実績を上げることができなかった理屈はある程度捨てたほうがいいのかもしれません。


参考書や問題集をたくさん買って積んでおいて安心するより、1冊の参考書をボロボロになるまでやった方がよほど身につくということとおなじではないでしょうか。


この雲の上のお二方のお陰様で今日のハナクソのような私があると思っています。大変感謝しています。


(他にも文章を書いていたんですが腹立つことにまたまたアメブロ混雑でパーになりました。風説の流布をしたい気分です。)


【マイポジション】

なし

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
662位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。