スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ダウ理論とトレンド転換

ダウ理論というのがあります。先日紹介した吉見先生の「チャート分析の真実」でも論理的に解説されています。トレンドについての理論です。


トレンド転換の示唆と、トレンド転換の確認というのがあります。一部をものすごく簡単にいうと、上値(下値)抵抗線突破がトレンド転換の可能性を示唆し、突破した抵抗線まで株価が下がって(上がって)きても、今度はそこが逆に下値(上値)抵抗線に変化し、そこから反発(反落)すれば上昇(下降)トレンド転換が濃厚になるというものです。


日経225を見ますと、小三尊形成中はある程度短期ボックスと見ることができます。人によって見方は変わると思いますが、15800が下値抵抗線かと考えられます。ここを2日前に割り込んだことで、ボックス→下降トレンド転換したのではないかと「示唆」されます。


さらに、昨日、15800に戻し、本日15600で終わっていますので、トレンド転換が「確認」されたということになります。


現在のトレンドが何であるかを断言するのはきわめて危険な思想ですが、少なくともダウ理論によれば、「中期ボックス-短期下降トレンドに転換した」という可能性が濃厚になります。


なぜトレンド転換するだろうと言えるのかは、ダウ理論の解説をじっくり読み込んでいくとわかります。要は、何円でどれだけの人が買っている/売っているのか、その人たちはそれぞれどんな思いで相場をみているのか、という心理状態が関連しています。


ダウ理論はテクニカルの基本であり私の屋台骨の部分です。別に難しい話ではないので、聞いたことがないという人は、書籍を読んでマスターすることをお勧めします。


シダックスは思ったほどあまり下がらず戻ってきて全部約定してしまいました。先の憶測から225はずるずるといくだろうとみて住金を遅ればせながら参戦、信用売り残が逆転してしまったケネディクスをヘッジ気分で買っています。アルデは@34000で撤収です。


今年は、新興が225を先導するという変な傾向があります。6月もそうでした。今回も新興が先に夜明けでしょうか。しかし今日の反発は夜明けではないと思っています。


【マイポジション】
買建:ケネディクス(4321) @616000*6
売建:シダックス(4837) @123000*40
売建:住友金属工業(5405) @448*12000

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■はじめまして

最近こちらのブログを知り、とても勉強になります。私もスイングがメインですが最近の相場は油断するとすぐに利益が吹っ飛んでしまいます。本日建てた私のポジのご感想などを可能であればお聞かせ願いたいのですが。買い3042セキュアヴェイル、2326デジタルアーツ、売り7860エイベックス。

2 ■スイングトレーダーさん

こんばんわ。私は素人リーマンなのであまり責任あることは書けませんのであくまで個人的感想を。Dアーツは下方修正があるので敬遠します。上下どっちにも飛ぶ可能性があると思います。エイベックスは気づいていれば私も売りたいぐらいですが、中間配当とられないようにご注意、セキュアは直近IPOなんでなんともいえません。

3 ■投資は自己責任

ご感想いただき有難うございました。とても参考になります。これからもブログ楽しみにしています。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
455位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。