スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



公募増資は悪か

昨日は深夜まで仕事で更新できませんでした。すいません。


エムケーキャピタル(2478)が公募増資発表から地合の悪さも助けて10/12には出来無し気配のS安、10/13はかろうじて下ヒゲ陽線のマイナス引けと、かなり目を覆いたくなるチャートになっています。フォーバルテレコム(9445)も公募増資発表からボロボロになりました。公募増資は悪なのでしょうか。


短期的には、需給悪化・一株希薄化の懸念から売りが大量に飛んできます。昨年の株式分割とは逆に、こちらは「悪材料」ととらえられ、「公募増資=売り」の方程式が世間的には認識されています。Yahoo掲示板でもボロクソに書かれることが多いようです。


しかし、中長期で見ると、「公募増資=新事業や事業拡大など会社規模(時価)向上にに欠かせない資金調達手段」とポジティブに捉えることもでき、需給リスクや事業失敗リスクを度外視すれば歓迎すべき行為ともとれます。


特に、エムケーのような不動産アセットマネジメントビジネスにおいては、大量の資金がなければ始まらないビジネスであり、かつ現在の不動産ファンドビジネスが急成長過程にあること(上方修正も頻繁ですね)、資金調達目的や投資見積がハッキリしていることを考えると、むしろ短期的には株価を下げてくれ、かつ中期的には時価拡大の好材料ではないかとも見ることができます。ITのように投資見積がぶれやすい事業とはリスクが違うと考えています(ITの公募増資を否定しているわけでは有りません。ただ、見積はぶれやすいです)


逆に、フォーバルは、公募増資による株価下落により想定の資金を調達できないのではとの見解から、突如公募増資を中止し2日連続S高となりました。底値で買った人はウハウハでしょうが、中長期的にみると、株主を不安にさせたばかりでなく、増資の目的はいったいなんだったんだ、というような経営ビジョンそのものに疑念を持ってしまわざるを得ません。最悪、単なる資金繰りの一環か、同時に公募売り出しも発表していた経緯から、取り巻きのフトコロを暖める行為だったんじゃないかというネガティブなイメージも持ってしまいたくなります。このような会社には、短期ならまだしも、中長期的には近寄らない方が無難と思います。


昨日は、上記の思惑と、一旦底値を打ったような形になったことから、中長期狙いチャンスとみてエムケーを寄り付きで現物買いました。本日は、インテリックスとトーセイを寄り付きで買い、スパークスの高いほうの玉を利確しました。


レーサムが大幅上方修正で昨日S高、このセクターの成長性には目を見張るものがあります(少し悔しいですが)。逆に楽天などこの暴落相場を先導してきた銘柄群は、本日の週報にて信用取組が改悪されていることが判明、主役交代が近づいているようにも感じます。


このところ、仕事が忙しくて寄り付き前に注文(指値・逆指値)を入れるくらいです。来月ぐらいから、トレード頻度と精度を上げることができそうです(まあ、うちの仕事状況なんて自転車操業ですが。私のトレードのようです)


(後日修正:エムケーは10株でした)


【マイポジション】

現物:エムケーキャピタルマネジメント(2478) @355000*10

現物:トーセイ(2478) @112000*20

買建:東ソー(4042) @496*5000

買建:スパークス・グループ(8739) @76000*40

買建:パシフィック・マネジメント(8902) @300000*10

買建:インテリックス(8940) @243000*10

買建:ソフトバンク(9984) @2440*1000

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
997位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。