スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



不動産ファンドは難物?

225は予想以上の下げだったと考えるのは私だけでしょうか?朝方で売りが止まるだろうと安易に考えていましたが、一気に16400まで割ってきましたね。ちょっとなめていました。


不動産ファンドに関して、週末で3件のメッセージを受け、大丈夫なのかと気にされている方が多いようです。ダウ理論で見ると、サポートライン割れ、前回天井割れしていないものが多いので十分に上昇トレンド継続中と見ることができます。でも、不安要素もなくはありません。


私の個人的な意見ですが、不動産ファンドは難物銘柄だと思っています。理由は後述ですが、なんの根拠も無い憶測ですのであまり気にしないで下さい。


不動産ファンドは飛びぬけた業績成長性に魅力があり、そのせいか個人投資家に人気が有ります。ボラティリティも高く面白い銘柄なんですが、個人に人気があることの裏を返せば外国人やファンドのオモチャにされやすいという一面があるのではと考えています。


業績成長性が素晴らしければ株価がグングン上昇していくとは限らない、というのは1月以降の不動産ファンドの崩壊を見て誰しも理解できることでしょう。すなわち需給悪化ですが、悪化させているのはなんのことない個人投資家のつぶしあいです。


底値圏7月付近では、何でそれだけの理由でそんなことするのというような外国証券のネガティブレポートが、クリードを中心に出ていましたが、そこからファンド買いくさい動きが、個人総投げ時に出ていました。8,9月も、取組がどんどん良化していることからも、個人売りをファンドが現物で吸収しているくさい動きや、引け直前で大量に買い取る機関手口もしばしば見え隠れしていました。そういう意味では、最近、外資系のポジティブレポートがちょろちょろと出始めてきたのと、先週、今日の個人買いで果たして買いの相手は誰???という懸念が若干あります。


ただトレンドライン上は別段問題ないし、特に近況において個人過熱も起こっていないので、そんなに気にはしていないのですが、可能性としてサポートライン割れもありえない話ではないので、そのときは躊躇せずカットしようと考えています。


難物だと考えるのは、売られだすと早いことなんですよね。個人人気銘柄の宿命ですが。


しかしそれ以上に心配なのは225です。早い段階で16500を回復すればそんなに気にしなくてもいい、冷や水であったと考えられますが、先行銘柄が崩れだすとちょっといやな感じでは有ります。明日が試金石でしょうか。


今日は、ジョイント、SIA、パシフィック、ダヴィンチ、アセットに下値で指値を入れたら全部約定してしまいました。どちらかといえば、朝一弱いだろうと思って指していたのですが、朝ではなく午後に約定したのがチラホラ・・・ちょっといやな感じではあります。

225が16500割れを起こしたので毎度おなじみの住金、東レ、ブリジストンをヘッジ気分で売っています。


↓↓↓ ランキングにご協力をお願いします ↓↓↓

株☆ブログランキング


【マイポジション】

現物:エムケーキャピタルマネジメント(2478) @355000*5
現物:ダヴィンチ・アドバイザーズ(4314) @130000*20
現物:パシフィックマネジメント(8902) @309000*10
現物:トーセイ(8923) @112000*20
買建:アセット・マネジャーズ(2337) @320000*10
買建:ジョイント・コーポレーション(8874) @4450*500
買建:シンプレクスインベストメント(8942) @145000*20
売建:東レ(3402) @850*4000
売建:ブリヂストン(5108) @2500*1000
売建:住友金属工業(5405) @445*10000


関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
455位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。