スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



個人のケツの毛まで抜く

今年は1月~2月で15日ほど休んだのですが、2月あたりから完全弱気スタンスを継続してきました。攻撃的な空売り手口を、自信の手口に取り入れるようになりました。現時点では今年の利益の30%ぐらい(7月までは60%ぐらいあった)を占めています。

ブログでも非常に弱気なことばかり書くので、読んでおられる方にはウザく感じられたかと思います。


今年、非常に気を使って入念にチェックしているのが信用残高です。従来、明確なトレンドがある場合、信用残高データを売買判断に入れすぎるとよく失敗していました。(そういえば昨年、買い残4兆円を超えたとき、すでに今年に対する警鐘を鳴らしていた先見のある方もおられました)。


特に今年は証券自己や、ある意味仕手といってもいい外国人証券が個人殺しに走っているため、信用残高推移とチャートは面白いように悪循環してきました。9月あたりから個人投資家が明らかに狙われていると感じるようになりました。


これは推測ですが、今年の新興市場は何度もセリングクライマックスを迎えました(ただ、その後、セリングクライマックス安値を軽く更新してしまっていることから、大局的なセリングクライマックスではなかった、とみることも出来ます)。そのたびにそれなりの反発が入りました。損失を出した個人投資家は(あるいは抱えている)今度もあるだろうと勝負の値ぼれがサクサク入ります。株価は4分の1とかになっているので以前の4倍株数が買えます。しかし株価は上がるどころか下げ続けています。


今日の動きは、全体的に寄り天井ですが個別はマチマチ、機関が参加していない証拠、もう一段の下げの覚悟もいるかと思います。


私の勝手な今後の動向ですが、新興は明確な投げ祭りを迎えることなくダラダラといきそうな気がしてなりません。ファンダを見ても、新興主力のネット系はすでに成長鈍化どころか食い合いの消耗戦と化しており、テレウェイブのように誠実な開示をしない極悪二流投資会社をみても、もう完全にメッキが剥げ落ちた状態です。


信用消化、評価損率改善のためには、当分ボックス化するか、あるいはもう新興はダメだと個人が空売りしまくるか、気長に待つしかないというのを今後のスタンスとして注目していきます。


次の別投資ターゲットとしては、最近騒がしいエタノール関連が来るか、不動産がまた来るか・・・あるいは、2002年のITバブル末期のようにゴミ状態と化すか・・・ただ、あの時は経済のどん底という状況でしたし、ちょっと環境が違うか・・・


まあ何にせよ、総悲観モードに入ってくれるまでノンビリ行きましょう。日経新聞の記事のトーンを見ても、このところ悲観論を騒ぐアナリストも増えてきており、そのうちチャンスはあるかもしれません。


今日はギャップダウンしてくれれば面白いな、と思っていたらギャップアップ、後場から手を出しヤラレです。ニッシン債権、フィールズ、日本ゲームカードを買いましたが、ニッシンSは高値をつかまされあっけなくロスカットになりました。パチンコばっかりになってしもうた・・・


【マイポジション】
買建:フィールズ(2767) @209000*10
買建:日本ゲームカード(6261) @210000*10
売建:インデックスホールディングス(4835) @70500*50

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
828位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。