スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今年を振り返る 1-6月

今年も残り少なくなってきました。今年1-6月にお世話になった、および魔の洗礼を浴びた「思い入れ銘柄」を書いてみます。だいたい時期別に並べてみました。こうして見てみると、結構危険な勝負やっているな・・・今年はまさに強運だけ・・・よく大損失がなかったものだ、という感じでしょうか・・・


・○ダイナシティ:まさに今年の幸運のはじまりか、ライブドアショックの前日に偶然利益確定していました。強制捜査が土日ならばどうなっていたことか・・・


・×ジョイント、東誠不動産(トーセイ):ライブドアショックでズタズタに。特にライブドアショック当日に、どうせショック安だし不動産は関係ないだろうと急落したところに買い増しをいれたら、マネックスがやってくれて売買停止に・・・翌日売らされてさらに下げたところをしつこく買い、当日下ヒゲでビビって売らされ、翌日やはりショック安でしたよとばかり猛反発・・・これで自己ネックライン1000万目前でまた仕切りなおしと、精神的・金銭的大ダメージを受け、もう当分まともな売買はできんだろうと1月トレードを打ち止め傍観していました。


・◎ネクシィーズ:東証1部とは思えないひどい業績。ライブドアショック後、2月上旬まで休んでいたのですが、このボロ株に復帰戦を託しました。16000台から売り始め、連日の執拗なMAX単元売りを繰り返しました。JASDAQのダブルトップはほぼ濃厚と考えていたので、赤字決算発表で悪材料で尽くしとはならず、暴落するだろうと考えていたのでプレッシャーはなかったですが、今冷静に考えればかなり危ないトレードのような気も・・・道中猛反発にも耐えつつ結局2日連続S安した翌日に利確し自己ネックの1000万を突破することができました。


・○ケネディクス:ダヴィンチが三尊完成してから売り始め、少しづつ売り増ししたり利確を入れながら、偶然完璧なタイミング(2/20)に全決済。空売りは得意ではなかったのですが、手口のイメージを掴むことができました。昨年、下げたところでの利確後に暴騰を散々繰り返した銘柄で、皮肉にも空売りでリベンジとなるとは・・・


・◎ゼンテック・テクノロジー:2月戻り相場で買ったりドテン売りしたり、結構危ないトレードをしていました。どうにもダマシの多いチャートで常識にかからない動きを良く見せ、とても相性が悪いヤラレ銘柄の印象を未だに持っていますが、よくわからないうちに年トータルはボロ勝ちでした。何か忘れたころにバシッとはまるイメージですね。


・○アウトソーシング:四季報上はマシだったのでセリングクライマックスで買い。2日連続S高しました。手を引いた後、下方修正、四季報鵜呑みはいけませんね。


・◎第一商品:突然のストップ高でボックスを抜けた翌日朝に寄り天ならそれまでとダメ元で買い、うまく過熱したところで利確。同型ひまわりが既に暴れまわっていたので連想買いを期待しました。当時単元1000株(現在100株)だった上、流動性が低すぎて板がとても薄く、下げ局面まで待って成行で投げるとえらいことになる銘柄で、どこで利確したらいいか毎日迷っていました。案の定、過熱後に華厳の滝のように急落・・・


・○ダイセキ:地味ながら3-5月は何度もトレードしてチマチマと結構いただきました。ギャップアップとダウン、短期トレンド転換の仕方に独特のクセがありましたね。


前半を総括すると、ライブドアショック後の2月新興暴落は、危険域にあるにもかかわらず世間がノホホンとしていたため、これは危ないぞとある程度予測していましたが(でもこんなに暴落するとは予想外・・・)、そこで一旦底を打ちボックス化するんだろうと甘く考えていたら、4月後半からUSENやインデックスのバケの皮がはがれ、さらなる全体暴落、さらには5月の何者かの225攻撃と、寝耳に水の連続という感じでした。2月はそれまであまり取り組まなかった空売りに積極的にチャレンジして成功しました。ここで下落相場での空売りのコツをつかめたような気がします。東証後場がダサイことに13:00からなので225先物に仕掛けが入りやすく、大証、JQ中心にトレードしました。


5、6月に自分の評価資産が月足陽線になったことは本当に運が良かったです。こんなの場に貼り付きでなければまともに太刀打ちできません。大きな仕掛けはうちませんでしたが、例えば売りでヤラレ持ち越しをやってしまい、なぜ逃げなかったのだと後悔・自責の念に駆られていると、夜にCME225が仕掛け売りを浴びて逆に利益になったり、北がミサイル(これは7月)ぶっ放したりと、運だけの要素でしのぎました。本当に運だけだと思います。月足陽線は2月から10月まで続き11月でストップしましたが、80%は強運だけだと考えています。宝くじのようなものでしょうか。比較的、仕事中こっそり場を見れたことも良かったかもしれません(従来は、場を見ていると、いらん仕掛けを打って失敗していましたが・・・)


225は当分上げたり下げたりこんな感じではないでしょうか。相変わらず国際優良株が参加者を一心に集めきわめて堅調、特に鉄鋼が売買高を集める流れは継続、一方、内需系の王様、SMFGは冴えず・・・まあそのうち内需にも金が回ってくるでしょうから・・・といろいろ考えています。ネット証券売買代金ランキングも、前半と比べずいぶん大型株が目立つようになって来ました。


今日は、どうにも出来高が低減してきており不安になってきたダヴィンチを削減し、住金が本日2度目の500円到達したため、後場に@500で買い増ししました。インテリが反発していたので買い、ゼンテックは利確しました。


↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓
人気ブログランキング大

株☆ブログランキング


【マイポジション】
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @169000*5
現物:ダヴィンチ・アド(4314.OJ) @120000*15
現物:住友金属工業(5405.T) @494*12000
買建:ラ・パルレ(4357.OJ) @402000*5
買建:インテリジェンス(4757.Q) @318000*5
買建:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
買建:兼松(8020.T) @202.25*20000
買建:三井住友フィナンシャルG(8316.T) @1220000*3

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
808位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。