スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今年を振り返る 7-12月

前回の続きで7-12月の「思い入れ銘柄」です。強運の連続です。


・◎ジー・モード:ゼンテック、ワークスアプリとともに良く売りました。まだ黒転していない銘柄で暴風雨に弱い銘柄ですが、小型なので一歩間違うと踏み殺しでS貼り付けにされかねない恐ろしい銘柄です。最近は信用取り組みや業績がマシになり、面白くなくなりましたが。出来高減退を見計らって打診売りしたらあれよあれよで7月は2日で軽く20%以上下げていました・・・コードが覚えやすい。


・×モーニングスター:結構取っていたのですが、売りがバシバシはまるので調子に乗って逆張りでしつこく売り、踏まれつつもどうせまた下がるだろうとナメた考えで何とご法度の売りナンピンをしてしまい、案の定大敗。50万の損失を出しましたが、金額以上に売買の掟を破ってこのザマに追い込まれたことを非常に悔やみました。小型株の空売りはやはり危険であり、少量ずつ確認しながら・・・でないと恐ろしいことを再認識させられました。


・◎オプト:8月は何らかの力が入っていると考えて買いスタンス、決算発表前あたりからその力がどこかへ行ってしまったようなので売りスタンス。サイバーエージェントとともにかなり頻繁にトレードしました。現在はもうこの銘柄は終わっていると思っている人が多く(私も終わっていると思いますが)空売りが順調に増えており、来年、需給だけの観点で見せ場はあるかもしれません。誰が見ても死んだと思っている銘柄に売りが積まれればチャンスかな、と。


・◎駒井鉄工:何とも皮肉なことに今年のパフォーマンス効率最大がこのボロ株・・・仕手戦が日替わりで各地で繰り広げられている中、寄り前や朝の怪しい板の感じで二段持ち上げがあるのではと攻撃しました。しかしかなりの量を張っており、今思えばとてつもなくやばい橋を渡っています・・・これで2000万突破しました。


・◎パシフィック、トーセイ、ASSETなど不動産ファンド系:今年唯一のまともに腰を据えたトレードという感じがします。かなりの含み益を出していたのもあり、一時、レバレッジ含め、資金の70%近くが入っていて、バランス悪いよなーと思いながらも調子がいいので見ていました。期待していたより手前で失速開始(というより暴落)しましたが、うまく逃げ切れたのが良かったです。とどめに個人が値ぼれを入れまくるのでASSET空売りしてさらに儲かりました。現在、めっきり売買代金が縮退していますが、まあそのうち思い出されるでしょう。


・○スター・マイカ、ファンドクリエーション、メディア工房:死に体IPOにはその割安性からずーっと注目していたのですが、スター・マイカあたりから強チャートを描くものが出現したため、12月のメインテーマに選びました。小ロットでもすごいボラティリティであれよあれよと含み益が増えていくので、トレード感覚がマヒするのではと逆に心配になりました。


5、6月で地獄絵図を散々見せられ、7月は焼け野原といった感じでした。7月末あたりから新興に変な資金が流れている感覚を受け、8月はレバレッジまでかけて攻撃しました。どうやら立役者は投機的な外国人勢力だったようです。今年、レバレッジをかけることはほとんど有りませんでしたが、あえてかけたのは2月、8月、10月。しかし振り帰ると2月はやばい橋を渡っていたなと反省しています。


8月あたりから例年以上に最重要テーマとしてデリケートに取り組んでいたのは「個人投資家動向」です。毎度毎度しつこく書いていますが、いつの時代も個人動向の逆の売買をすれば、だいたい成功しますし(昨年でもです。昨年も個人は本格上昇時に売り越し連続しています)、大きくまけることが少なくなると思います。特にこのころからSBの怪しい投資判断下げから新興セリングクライマックス突入、SB踏み上げ突入など、個人のハシゴをはずす、ダマシを浴びせるような向きが散見され、今年は外国人と証券自己売買がタッグを組んで個人を徹底的につぶす年なのでは?と陰謀めいた妄想までしたぐらいです。徹底して個人投資家の動向を詳細にマークし(信用週報、日証金・大証金、ネット証券評議会、歩み値手口など)、思惑どおりかなりの好パフォーマンスを継続して残せました。今年のように、225トレンドがなく、新興は週足下降トレンドを抜け出せず、の相場環境ですから、逆に個人はハメられやすかったのではないでしょうか。


10月の不動産ファンドは毎日笑いが止まりませんでしたが、その影でさすがに当分無いだろうと考えていた新興のお決まりセリングクライマックスがこんなに短いスパンで発生するとはと驚愕、もう目も当てられませんでした。来年はボロボロ焼け野原から、業績のいい銘柄が飛翔し、逆にこれまでの個人主役級のCCI、オプト、テレウェイブは、フォーサイドのようなボロ株扱いになっているのではないでしょうか(すでにボロ株化しているという説も・・・)。

↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓
人気ブログランキング大

株☆ブログランキング


【マイポジション】
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @169000*5
現物:ダヴィンチ・アド(4314.OJ) @120000*15
現物:住友金属工業(5405.T) @494*12000
買建:ラ・パルレ(4357.OJ) @402000*5
買建:インテリジェンス(4757.Q) @318000*5
買建:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
買建:兼松(8020.T) @202.25*20000
買建:三井住友フィナンシャルG(8316.T) @1220000*3

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
662位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。