スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日経225の仕手株化?

昨年末あたりから思っていることですが、相場の動きが極端化というか、従来あまり見ることのなかった派手な動きが目立っています。


従来、大型株は機関投資家の主戦場ということで、独特の値動きの重たさがありましたが、このところの新日鉄が仕手株を思わせるような派手に上昇を演じたかと思うと、本日、大きな悪材料もないのに派手なギャップダウン。住金など他の関連銘柄もあっさり追従。ふと他を見ると、日立・東芝が昨日の動きを引きずって激しく買い攻防。利食い優先とはいえど、従来の大型株のゆったりの動きに慣れていると、とても極端な動きに感じます。昨年11月の225平均の「行って来い」から異様な感じがします。


相場で起こったことをいちいち腑に落ちない理由をつけて解説するのは日経新聞やアナリストの専売特許であり、理由探しに奔走しすぎるのは毒であり時間の無駄になる恐れがあると思いますが、従来セオリーの見直しや今後の見通しの精度を上げる可能性は少しだけあるので、この相場の極端化現象について最近考えていることを書いて見ます。


完全に憶測ですが、日本相場はヘッジファンドの動きを従来よりはるかに大きく受けやすくなっているような気がしてなりません。ヘッジファンドは株式市場だけでなく為替、商品市場など大量の投資アイテムと連動して保有比率を組み替えてきますし、相場が下げても利益を出さないといけない宿命ですから売玉もバシバシ使ってきます。今日の朝の大幅ギャップダウンは商品市場の急落の発生に対するヘッジ対象となった可能性は高いですが、住友鉱山や東邦亜鉛などは元来、商品市場の影響を受けやすい難物ですが、それにしてもこのギャップダウンは極端です。


一方、東京市場は昨年5月、11月とヘッジ売り爆弾攻撃により簡単に売り崩されてしまう脆弱さをまざまざと露呈、悲しい「前科」を作ってしまいました。国内証券会社は「日立に大量の海外機関投資家の買いが入った」とまるでプロ野球の外国人枠を取っ払うことを歓迎するかのような情けない喜びようですから、彼らは世界的に見れば田舎の株屋と変わらんレベルなのでしょう。


そしてこれはネット上の記事で散見し恐ろしいと思ったことですが、最近システムトレードがさらに活発化しており、相場が一方向に動きやすいということです。この辺については明日書いて見ますが、やはり「従来の感覚やセオリー」は微調整していく必要があるかもしれません。


また、今日の新日鉄に限らず、他の大幅ギャップダウン(場中下げではなく)を演じた銘柄を継続してチェック研究すると何か見えてくるかもしれません。新日鉄や住金に言えた事は、乖離率もさることながら、最近、個人が激しく参入して買い越していたことです。これらの銘柄が終わったと考えるのは早計ですが、異様な動きが発生したことは間違いありません。


明日はあっさり上げてくるかもしれませんが、昨年11月のように大いなる「行って来い」になったりして・・・ふっとテクニカルが通用しない局面がところどころありますね。


朝の気配で新日鉄と住金の異様さはこれまでにない尋常でなさを感じたため珍しくかつ未練がましく完全両建てにしてしまい、スパークスと森精機を早々に利益確定、@300000で背水の陣を仕掛けたでファンコミュの買いはあえなくロスカット、代わりに悪形のコニカミノルタ、インテリWを空売り、引けでロスカット覚悟でアドウェイズを再び買い。年初1週目からいきなりダメージは受けたものの、朝の気配で早降りしていてまあまあ助かったかなという感触です。


17000で下げ止まるのではという見方が多いですが、ワンテンポ遅れで仕掛けるくらいの慎重さでいいと思います。17000を維持できないようなら短期的シナリオ転換が必要でしょうか。一方、新興市場は1発目の先物爆弾には崩れましたが、後場の2発目には反応しなかったように見えたのは私だけでしょうか。


↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓
人気ブログランキング大

株☆ブログランキング


【マイポジション】
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @169000*5
現物:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
現物:住友金属工業(5405.T) @494*12000
現物:三井住友フィナンシャルG(8316.T) @1220000*3
買建:アドウェイズ(2489.T) @197000*10
売建:インテリジェントウェイブ(4847.Q) @100000*20
売建:コニカミノルタHLDGS(4902.T) @1680*1500
売建:新日本製鐵(5401.T) @644*5000
売建:住友金属工業(5405.T) @508*12000


【税引後評価資産推移(千円) 前日比:前年比】
25094(-183.1) [-0.72% : -0.83%]

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは

アドウェイズは信用建てできるのですか?
また師匠がこの銘柄に着目した理由はなんですか?
日経はどこまで押しますかねぇ?
質問3連発です。よろしくお願いします。

2 ■Re: こんにちわ

こんばんわ。
1.制度信用銘柄ではないので一般信用(3年)で買いました。(長く持つ気がなければ現物より手数料が安い)
2.ボックス下限付近にいるのと、アフィリエイト関連銘柄がこのところ好調だったので連れ上げを期待しました(個人的には好きなビジネスではありませんが)。でもチャート的には上値切り下げボックスなので下値ブレイクしてもおかしくないと思います。
3.正直わかりませんが、終値ベースで17000を割ってくれば、25d線か16500あたりがポイントでしょうか。金曜の先物売りがえげつないので戻りは意外と早いかもしれません。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
940位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。