スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スイング手口ネタを

最近は手口ネタをあまり書かなくなりましたが、2/23にユメクイさんのコメント がありましたので久しぶりに手口ネタでも書いてみます。長文になったので記事で回答します。


その前に最近の地合は年に数回のとんでもなく良好な環境であることを認識して念頭に置く必要があります。悪い言い方をすれば誰でも勝てる相場です。しかし、誰でも勝てる相場でより多くのパフォーマンスを出さなければ、中長期的に資産は大きく伸びないと思います。個人的には相場の初動と考えており、来週あたりから過熱組みは落ち着きつつも指数はしっかり、今度は新興市場に波及するのではと見ています。


まずスイング手口の基本中の基本は「抵抗線突破買い」がベストと考えています。抵抗線突破買いは押し目買いに比べて仕掛けやすく、さらにトレンドラインの角度まで変わってしまうことが多いため、そこから利益を伸ばすことも可能です。逆に、押し目買いは、どこが押し目なのかの判断は難しく、打診買いしてみたところ、そこからさらに押し込まれることもあり、難易度は前者に比べ高いと考えています。


もっとも、抵抗線突破に出くわすケースは、押し目買いのチャンスに出くわすケースより遥かに少ないことになります。従って毎日600近い銘柄のチャートを見ています。


抵抗線としては、ボックス上値抵抗線(ネックライン)、上値切り下げ型抵抗線(アウトライン)、心理的抵抗線(キリのいい株価数字、SBIの50000とか)が考えられると思います。心理的抵抗線とボックス抵抗線は重なっていることが多いです。


最近では、住友鉱山1600,1700、楽天65000、兼松240あたりに注目していました。


住友鉱山(5713)の場合、私は最初に2/7にボックス抜けを果たし1600を抜いてきたので飛びつきました。しかし翌日に先物に大量の仕掛け売りが出たため全体相場不安が起こることを懸念して一旦引き揚げましたが、結局2/14の1700抜けで再度INしました。この状況を考慮すると、2/13のボックス抜け、14の1700抜けがINのチャンスと考えており(後で見ると明確なボックス抜けは13がベストでしたが、私は見逃していたので14にラストチャンスと考えて強引に買いました)。もしここで買わなければ、このチャートでは「ご縁がなかったもの」と手を出さない、というのが私のスタンスです。いいなーと羨望の目で見つつ他の銘柄を探していたことでしょう。極端な話、3月末に4000円乗せしていたとしても悔やむこと無しと考えています。


最近は前場寄り付きギャップアップでほとんどINしてしまいます。毎日マーケットスピードに抵抗線抜きに来そうな銘柄を並べています。前日まで面白くない動きの銘柄が特段の材料もないのに出来を伴った買い気配に転じたり、これにより抵抗線抜きが濃厚となるところをマークもしくは買い向かいます。


住友石炭やカブドットはこのパターンです。ギャップアップで抵抗線を抜いてきたら最高のパターンと考えています。寄り天井になったらしょうがない、という心構えで強引にINしています。あまり場中監視をしなくていいのでリーマンには向いていると思います。特に住友石炭などの低位株は動き出すととにかく早いので、ギャップアップを見つけたらすぐにINしてしまいます。


あるいは、抵抗線の上に朝のうちに逆指値を入れてしまいます。兼松などはこのパターンです。


あえて、先高期待があり、押し目買いをしたいというのであれば、リターンムーブを狙うのもいいかもしれません。抵抗線突破したものの、連騰できている銘柄は利確を浴びて先般の抵抗線付近まで落ちてくることがあります(リターンムーブといいます)。これを狙ってもいいかもしれませんが、リターンムーブなしで行ってしまうこともあります。こうなればあきらめるしかありません。さらに節目株価(キリのいい数字)で指値で待ちます。SBI50000、楽天65000といったところです。


逆指値で押し目買い、という手口は、リバウンド相場以外はほとんどやりません。こんなところでしょうか。


昨年の相場は一取引で5%も利益が出れば逃げないと危なくなる小手先相場でした。一昨年の相場が染み付いているとすぐ利益を飛ばしてしまいました。今年は5%ぐらいで売ってしまうともったいないことが多いので、ブレイク買い増し・売りあがりなど強気対応するなどしてできるだけ利益を伸ばした方が良いのでは、と考えています。


【現在のポートフォリオ】
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @169000*5
現物:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
現物:三井住友フィナンシャルG(8316.T) @1120000*4
買建:住友石炭(1503.T) @131*20000
買建:楽天(4755.Q) @63671*70
買建:住友鉱山(5713.T) @1710*2000
買建:伊藤忠(8001.T) @1072*3000
買建:兼松(8020.T) @240*15000
買建:SBIホールディングス(8473.T) @50200*60
買建:ジャフコ(8595.T) @7050*600
買建:カブドットコム証券(8703.T) @211000*15

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

reit_fightです。
相場の流れに乗って調子良さそうですねー。いつも参考にさせて頂いています。
さて、新興の出遅れということでゼンテックの買いを検討していますが、どう思われます。ゼンテックの値動きの癖などあれば教えて下さい。

2 ■reit_fightさん

こんにちわ。先日は住友鉱山に乗らせていただいて成功しました。有難うございます。

reit_fightさんがヘラクレスとは珍しいですね。
ゼンテックとは2~3年格闘していますが、値動きに関しては最高級の難物と理解しています。他のマザ新興主力との値動きと一線を画しているような感覚で、逆行高・蚊帳の外、仕掛け的な売買などなんでもありです。先般の1月新興逆襲でも他に比べるとちょっと弱かったですね。

連日出来高1万株ぐらいが復活のバロメーターかなと見ています。

従来は新興優良銘柄なんて触れ込みで日経ランキングに乗っていたりしていたのに、最近はメッキがはがれて下方修正なんかやっているので、ヘラクレス先導株としての役割は落ちてきているのかもしれません。

3 ■無題

bossa777さん、わかりやすい説明ありがとうございました。
ゼンテックで思い出したのですが、ゼンテックは
買い長の顕著な銘柄ですが、以前自分が空売り
した時に、日証金速報で自分が空売りした分が
反映されていなかったのですが、日証金速報というのは正確なデータだと考えてよいのでしょうか?以前、ファンコミで空売りした時も、日証金速報で空売り分が反映されていませんでした。
(証券会社ごとに例えば新規信用買い10・新規信用売り8ならば新規信用買い2だけにするなど
全て表示せずに相殺しているのでしょうか?)

4 ■初めて訪問させてもらいました

こんにちは! はじめまして!

昨日初めてbossa777さんのブログにたどりつきました。

自称「へなちょこ株キチガイ」のたうりんと申します。

bossa777の運用成績は非常に安定していて素晴らしいですね。特に昨年を大幅プラスで乗り切られたことについては尊敬申し上げます。

なんとかあやかりたいものです。(笑

今後、毎日訪問して勉強させて頂きますので更新続けて下さい。

そして今のままの高パフォーマンスで私の「スイングの星」として頑張ってください。

応援します。

私も少しでもbossa777さんに近づけるよう頑張ります。

5 ■はじめまして・・・

最近の相場でスイングに切り替えたいと思っていましたら丁度記事読ませていただきました。
勉強になりました。有り難うございました。
ひとつ質問させて下さい。
毎日600近い銘柄のチャートをご覧になるとか・・・どんな方法でそんなに多くのチャートを見られていらっしゃるのでしょうか?
・・・なかなか数見られません。早見の方法って有るのでしょうか。よろしくお願い致します。

6 ■無題

ユメクイさん:
私も詳しいことは知りませんが、「店内食い合い」で証券会社内で貸借処理できた場合は日証金までいかないようです。

たうりんさん:
有難うございます。昨年はマグレです。これから大ヤラレをやらないよう気をつけます。

ユウさん:
alpha chartというソフトで株価をダウンロードしてみています。インターネット接続がいらないので高速で見ることが出来ます。興味のないチャートであれば1銘柄0.8秒ぐらいで飛ばします。慣れですね。

7 ■こんにちは

コンニチハ
又、来ちゃいました

更新がんばってくださいね

おじゃましました。
では、また。

8 ■ありがとうございました

早速お返事いただいてありがとうございました。

これからも遊びにこさせて下さい。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
997位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。