スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



完全敗北宣言

今日は買い玉を寄り付きで全部投げました(つなぎの新日鉄、平均取得単価の低いファンクリを除く)。結果的に日中陽線となり、投げポイントとしては裏目ということになりましたが、自分の売買ルールに従った機械的な動きであり別段後悔はしていません。


こういった突発的な暴落局面では何が起こるかわかりません。確かに今日のパターンのような急激な下落による値ごろ買いから逆襲線となるケースを見かけることは多いです。しかし、一定のラインを超えたパニック発生により全体市場心理は不安定化し、理屈抜き、テクニカル・ファンダ無用の世界と化した局面では逆目を被るリスクを無視できません。


私はライブドアショック当日にどうせ対岸の火事、ショック安だろうと買い増しして、あのマネックスショック・東証システム不具合の憂き目を喰らい、損失倍増させた際からこの即売りルールを徹底しています。今日のように結果的に逆襲線になった場合は、まあ値がついただけまし、とでも思うようにしています。


こういう局面で一番まずいのは、損失を出したやるせなさと、損失がでかいことによる金銭感覚のマヒにより、むちゃな建て玉を建てて勝負しまうことです。これをやってしまうと地獄への片道切符になりかねません。過ぎたことはあきらめるしかありません。また、この暴落の真相は、とニュースやアナリストのコメントを追いかけて、上げなのか下げなのか今後の投資行動の後押し情報を探すなんてもってのほかです。通常時でも中庸でいい加減な紙面の踊るマスコミに、異常局面について適切な情報が掲載されているはずもありません。


幸い、SQ警戒と反落から昨日、偶然ポジションを落としていたので助かりました。本当に偶然です。月曜日のポジションサイズなら即死でした。


短期スタンスとしては、個人が新興を売り、東1に激しく参入している矢先の225過熱圏からのはしご外しですから、かなり汚い形になっており、本日も個人買い越し傾向ゆえ戻り売りを浴びることは必至、一方で年末から買い越し継続していた外国人がどう出てくるのか見当もつきませんが、少なくともしばらくは225指数などが全体市場を揺さぶる展開となるでしょう。完全心理相場でどちらに旗色が向くかはなんともいえませんが、戻り待ち売りのほうがどちらかといえばリスクが少ないように感じます。少なくとも大きく勝負しようなんて考えのもてる状況ではありません。NYトレンドも崩壊していますし、しばらくスイングは遊び程度にしかできません。


【本日のトレード】
先日今年最大のパフォーマンスを記録したところで、今年最大のバッド・パフォーマンスを出してしまいました。買い玉は全て寄り付きで投げました。全体相場の戻り歩調に合わせて出来高なくフラフラ上げていたオプト、ジーモードを後場から空売り。今後、全体相場を見ながらの市場行動が増加すると思われ、225先物の動きに全銘柄がつられる地合になりそうです。場が見られない人は休んだ方が賢明のような気がします。


朝方のパニックから戻りましたが、これで17500あたりで底値は堅い、などと安易に判断して倍建てなんて絶対にやめたほうがいいと思います。ショック安ではないかというアナリストコメントがちらほら、戻り後にあまりになめたコメントが増殖するようだと壮大ダブ天なんか想起してしまいます(私が天邪鬼なだけでしょうか!)


【現在のポートフォリオ】
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @169000*5
現物:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
売建:新日本製鐵(5401.T) @845*5000
売建:オプト(2389.Q) @261000*10
売建:ジー・モード(2333.Q) @103000*15


【税引後評価資産推移(千円) 前日比:前年比】
34113(-1382) [-4.05% : +34.8%]


↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓
人気ブログランキング大

株☆ブログランキング

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
940位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。