スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最安値更新銘柄狙いは邪道か

新興市場では最安値更新をする銘柄が目立っています。昨年ライブドアショック以降、大半のマザーズ・ヘラクレス銘柄を中心に週足下降トレンドを脱出できていない現状です。

昨年来、新興銘柄は幾度となく局所的なセリング・クライマックスに陥り、そのたびに何度も短期的猛反発を繰り返してきました。これを何度も見ていると、最安値更新の銘柄のセリング・クライマックスを狙えば、短期的に好パフォーマンスを得られそうな気分になってしまいます。


しかし現実はそんなに甘くはなく、そもそもどこが反発ポイントとなるかを語るのはアノマリーでも容易ではなく(むしろ不可能に近く)、また参加者は底なし沼に陥る恐怖と反発への欲望が入り乱れた大荒れ心理となっていることから、上手く買えたと思っても二段下げを喰らったり、反発したと思って買ったら中途半端で、逆に需給のシコリになったりと、そううまくはいかないこともしばしば、仮に大反発を上手く取れてもそれまでにそれなりにロスカットを強いられていて、平均するとそんなにパフォーマンスが良くない、あるいは勝った気でいたらむしろ損失の方が多い、なんて経験もあろうかと思います。


この猛反発は、一種の麻薬みたいなもので一度成功するとクセになり、また狙ってみたくなるので、注意が必要かと思います。特にこのところ新興市場では短いスパンで遭遇するので、ひょっとしたら腕まくりをしている人もいるかもしれません。


私が先日最安値更新銘柄で狙ったワールドロジ、Vコマース、イントランスはいずれも本日さらなる深みにはまっており、ひしひしと超心理相場の難しさを噛み締めています。


まあ、何がいいたいかというと、最安値更新銘柄の高乖離率狙いやセリング・クライマックス狙いは、手口としては邪道な部類に入り、健康的な手口ではないとでも考えておいて、あまり無理をしたりヨダレを流して向かっていかないほうが良いだろうということです。これは、昨年結構これで運よく成功したので(むしろ、セリクラ突入前の空売りの成功の方が大きかったですが)自戒の意味もこめて書いています。


尚、上に書いたのはあくまでリーマン短期トレードの視点であり、長期バリュエーション投資ではこの限りではないと考えます。また、最も恐怖を感じるポイントが最もチャンスという逆張り発想を否定するものではありません。


【本日のトレード】
・先週からのVコマース、イントランスは見事に売り気配スタートでぶん投げ。
・三菱重工は第二の新日鉄になりうると見て700を買い。地合好転すれば期待。
・ファンクリを127000で現物拾い成功(?)
・オプト、イートレを空売りして、後場に一時ストップ安していたサイバーがセリクラ気味なので買っておきました。


【現在のポートフォリオ】
金庫:ファンドクリエーション(3233.Q) 平均取得単価@3000*5
現物:ファンドクリエーション(3233.Q) @127000*7
現物:新日本製鐵(5401.T) @582*5000
買建:サイバーエージェント(4751.T) @85800*25
買建:三菱重工業(7011.T) @701*4000
売建:オプト(2389.Q) @241000*10
売建:新日本製鐵(5401.T) @879*5000
売建:SBIイー・トレード証券(8701.Q) @146000*20


【税引後評価資産推移(千円) 前日比:前年比】
35908(-52) [-0.14% : +41.89%]



↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓
人気ブログランキング大

株☆ブログランキング

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■底はどこ?

何か新興の下げは昨年とは違うような・・・ NYの暴落の事も有りますし、自分は新興やるならガーラとかメッツとかの押し目ねらっていこうかな、と思っていま~す。

2 ■かぴばら さん

こんばんわ。久々に反発しましたね。本当に1日でコロッと変わってしまい、相場なんて実にいい加減なものと思いました。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
789位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。