スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



三尊について

昨日の流れで三尊天井、逆三尊について。


これらの形は超好形・悪形の代表としてあまりにも有名ですが、やはりこれも昨日の考え同様、出来高地帯の形成と需給関係良化・悪化の軌跡と見ることができます。

つまり三尊天井の場合は、形成中に買った人が形成後(ネックライン割れ)で全て含み損チームになることになります。形成中にタップリ出来高が積まれますので含み損チームの絶対数も多いでしょう。こうなると回復まで相当の時間(形成期間に比例)を要します。

ネックラインを割れたか、割りそうで割らなかったかでこの関係図が全く違ったものになります。


英語ではヘッドアンドショルダーズトップといい、日本の三尊天井とほとんど同義ですが、(1)上値にいけばいくほど出来高の多いチャートになっている(2)リターンムーブの考え方がある の定義概念が追加されています。


(2)のリターンムーブ(あや戻し)とは、ネックライン割れ後にネックラインまで一旦戻したあとに暴落するというものです。これは、三尊形成して「安くなった」と勘違いした人の買い、および売り手買戻しなどで一旦値をとりもどすものの、三尊ネックライン付近で含み損チームの「今しかない」という売り、少し下げての「今売らないとまずい」の心理が強く働き、かつ安値で拾えた人は中期保有する気がなく利確に走ることから売り加速⇒暴落 となるものと考えてられています。


こういうチャートの形や小手先を公式のように丸暗記するのではなく、「なぜ、こういうチャートになるのか」をよく理解することが、向上への早道と思います。そのためには出来高に注視し、常に市場にどんなプラス・マイナス心理を持った集団がいるかを探ることが重要です。


全体的に方向感が見えにくく無理する必要は全く無いと思いますが、参加したかったんで売り買い両方のポジションを建てています。ワイエイシイは利確し、代わりにヘラで強いラパルレ、弱いオリコンを買い、イートレードを少しだけ売ってみました。


【マイポジション】
買建:オリコン(4800) 30

買建:ラ・パルレ(4357) 10

売建:マクロミル(3730) 15

売建:イートレード(8701) 10

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2791位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
934位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。