スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



新興のファンダメンタルズ

今日は新興市場の短期リバウンド観察を書いてみます。


前回リバウンド時(1月後半)ならびに今回リバウンド(もっとも、明日以降心配・・・)で動きの良さが目だった銘柄(1)、動きが物足りなかった銘柄(2)を適当に並べてみます。


(1)CCI、オプト、イートレ、マクロミル、ベリサイン、オリコン
(2)ASSET、CA、楽天、インテリW、ファンコミュニケーションズ


(1)(2)とも貸借銘柄を並べてみました。見ると、(1)は業績に関してネガティブな印象のあるメンバー(もっとも、イートレはなんともいえないラインかも)、(2)はポジティブなメンバーです(もっとも、楽天がポジティブといえるかは人それぞれ、インテリWは四季報上は良かったですがこのたび下方修正済み)。


日証金を観察していると、(1)は最終的には安値圏で空売りが積みあがり踏み上げに移行していました。オリコンあたりは筋に狙われた感じでした。日証金貸し株はほぼ個人投資家ですから、結果的に個人は買いで投げ、売りで踏み殺された形になります。


これは、下がり行く株価を見た個人投資家が、安値圏で「どうせこんなクソ企業、まだまだ株価は下がるだろう」と売り方転換したところでリバウンド相場となり、短期筋やディーリング戦場と化してしまい、結果的に値持ちしたものと考えられるかもしれません。


一方、(2)は逆に「ファンダはいいのに安くなったので買ってみよう」という向きの動きも、大きな資金が買ってくれないため、下げてじれて売り、こらえきれずに売りの「負の連鎖」と化したと考えられます。


結果的に、ファンダメンタルズ評価の悪い銘柄の方が、良い銘柄よりパフォーマンスが勝っているという皮肉な形となっています。この辺が需給+心理優先商品である株式のヘンなようで真理のような事実という印象を受けています。


また、今後の新興市場の中期的な見通しとして、今回も単に短期需給バランスの急変に乗じた動きが全面に出た結果となれば、大きな計画的な資金は動いていないことになります(もっとも、大きな資金が、小型株にカネは入れないでしょうが)。従って新興市場はこの先、中期ボックス化またはまだ下降トレンド継続するのではないかと考えています。ボックス化が始まれば、どこかの誰かが上値を抑えながら拾い集めに来るかもしれないのではないか、と・・・


【本日のトレード】
225の17800を抜けなかったことにより全体相場に中期的ネガティブな印象を持っています。


本日、約半年間つなぎ売りでしのいだり、レバレッジしたりして保有してきた新日鉄を利確しました。株価の成長度合いが楽しめたので中期保有も悪くないなと思いました。


しかし、相変わらず冴えない日々が続いています。あまりに冴えないのでトレード自体を控えめにしています。


・予定通り寄り付きで、アセットを売り、新日鉄とお別れ。代わりにJRを空売り。
・適当に指していた225ミニ売りが後場に約定。
・ダメ元で引け際にCCIを買い。トーセイは引け際に投げ。


【現在のポートフォリオ(株式のみ)】
先物売:日経225ミニ 07-06 @17750*700
金庫:ファンドクリエーション(3233.Q) 平均取得単価@3000*5
現物:スズケン(9987.T) @3900*1000
買建:サイバーコミュニケーションズ(4788.T) @82000*30
買建:島精機製作所(6222.OS) @3650*1000
売建:東日本旅客鉄道(9020.T) @949000*5


【税引後評価資産推移(千円) 前日比:前年比】
40694(-30) [-0.07% : +60.81%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大     株☆ブログランキング
関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
808位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。