スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



銘柄選び(3)

銘柄の売買拒否基準、監視基準ときましたが、監視基準はボラティリティだけでなくまだまだあります。

これらは明日以降おいおい書くこととして、監視銘柄との付き合い方です。


(1)材料・ネタ・テーマ性のある銘柄は必ず同一グループとして監視する。

例えば、最近では

・昨年、村上ファンド全盛期の「含み資産」ネタ

・昨年末に動意づいた不動産ファンド系

・東レ中心に爆発した「航空機系」「繊維系」

・ワンセグ系

・円高時に台頭し(だましとなったが・・・)た内需系

・商品先物系

・駐車違反ネタ

・設備機械・機器系

(2)銘柄に惚れない、一度いい思いをした銘柄、あるいは大きくやられた銘柄にリベンジなんて考えない


(1)については、できれば動意づく前に情報を仕入れる、あるいは推論し(後者はほとんど自分はできていませんが・・・)事前に監視できれば、これらの銘柄が動意づいたところでうまく仕掛けることができたり、出遅れを仕掛けたりと効率の良い投資ができます。また一度死んだと思っても継続監視をすることで再び動意づいたところをセカンドチャンスとして捕まえることができます。(ただし、セカンドチャンスはリスクも大きいことがありますが・・・)


注意したいのは(2)です。銘柄との付き合いが長くなると財務状況やニュース、上方・下方修正実績などいろいろ詳しくなってきます。ここで銘柄を手篭めのように感じたり、「相性」という非論理的なことが深層にあったりトレードに影響を与えないようにすべきです。かくいう私も、かつて低位株ブームで儲けた後、下落をはじめた際に「また上がるのではないか」と、チャート的には妙味があると思えないときに手を出していたりと、後で説明のつきにくいトレードをやらかした実績が多分にあります。この変な愛着感は常に自制すべきと考えています。

ただし、財務状況など、その銘柄を取り巻く環境を熟知しておくのは良いことだと思います。あくまで愛着感を持つべきではないということです。最も仕掛け妙味のあるなれない銘柄をパスして、それより仕掛け妙味の劣る、慣れた愛着のある銘柄を仕掛けてしまう、といったことは不合理的なことだと考えます。


朝から気配が高く、日機装が新高値、エンジャパン堅調をそれぞれ寄り付き買い増し、新日本建物はボンヤリで捨てたくなりましたが放置、カブドットコム利確しました。


【マイポジション】

買建:日機装(6376) 3000

買建:エンジャパン(4849) 5

買建:新日本建物(8893) 3000


関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■初めまして

楽しみに見せてもらってます。
ぜひ見に来てもくださいな♪

2 ■こんにちは\(^-^)/

トラックバック失礼致します。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
940位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。