スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



新興空売りについて

前にも書いたような気がしますが、新興銘柄の空売りは、従来、危険手口の代表格として戒める声が多かったように感じます。株式投資の入門書にもよく書かれていたように記憶しています。しかしこれは2003年~2006年1月までの話ではないでしょうか。


投資家の中には新興銘柄の空売りをご法度としている人(中には、人の不幸で儲ける、なんて考えもあるみたいですね)や、そもそもショートなんて難しいのでやらないという人もいるようです。


確かに2004年のマザーズ暴落時は私も空売りして大ケガしました。


しかし、明らかに中期下降トレンド転換後においては、個人投資家はトレンドラインに沿って積極的に空売り中心で運用することで利益を上げられます(もっとも、空売り上限規制で、大量の資金を動かす機関投資家にとって現物市場は面白くないでしょうが)。昨日も書きましたが、売りエントリーのポイントは買いエントリーとは異なりますが、とりあえず比率はショートを上げていればいいわけです。


私は昨年1~2月のネクシィーズのムチャバクチ(!)、ダヴィンチ三尊天井、そして4月の新興暴落以来、新興ショートが手口の中で最も明確に入りやすく、チャートもそのチャンスを時にありありと示しているという認識です。


ところが、ニュースや他のネット記事などを見ていると、暴落ダメージの回避テーマや反発はどこかを論ずる記事は良く見かけましたが、新興ショートで入るタイミングを論ずる記事は少なかったように感じます。ですが私はいつ来るかわからないリバウンドのロングよりよっぽどショートを狙っている方がよほどリスクが少ないと感じていました。


ふと思い出したことは、ダヴィンチが三尊天井を完成させ暴落したころに、私が見た範疇では、「まだ何が起こっているのか信じられない」「何でこんないい業績の銘柄が暴落するんだ」とか、「テクニカル的にはだいたいこの辺がリバウンドの狙いだ」とかいう記事を良く見かけたような気がします。何で鬼より怖いチャート完成なのにショートで素直に入らないんだ、と考えたのを思い出しました。この辺の意見がでるも、格言とまではいいませんが、従来の「新興空売りは外道」のキーワードが常識化していたからなのかもしれませんね。


なお現況は週足でトレンドが平行チャンネルとなりつつある銘柄が増えているため、銘柄にもよりますが、前回安値は以前に比べ当てになる可能性が高く、大いに意識して良さそうです。昨年のように安値までブレイクしてウハウハ、と簡単にはいかないと思います。


【本日のトレード】
今日の地合は最悪でしたが、なぜか自分のロング銘柄のヤマハ、ケネディクスは堅調。東邦亜鉛など非鉄系も調子がよく、局所的には資金を集めていますね。新興は2波を浴びるのでしょうか?


225は上値が堅く、下値が緩いという危うい形になってきましたが、どうなんでしょうか。為替も不気味な高値圏、任天堂も天井圏くさい状態、あまり積極的に買う地合ではなさそうです。


・光通信を新規で空売り。
・インターアクションは日証金が気になり、ほどほどで利益確定。
・ネットエイジは予定通り5日線手前で確定。
・ファンコミは反発してきましたが、さすがにこの形からV字はないだろうと、放っておきました。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
買建:ケネディクス(4321.T) @221000*15
買建:ヤマハ(7951.T) @2650*2000
売建:一休(2450.T) @126000*25
売建:ファンコミュニケーションズ(2461.Q) @193000*15
売建:ITX(2725.OJ) @89000*10
売建:いい生活(3796.T) @116000*20
売建:ゼンテック・テクノロジー(4296.OJ) @270333*15
売建:光通信(9435.T) @5250*700


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税引後)
44110(+341) [+0.77% : +91.3%]
(FX)前週比:前年比(税引前)■週末のみ更新します
5858(+220) [+3.9% : +46.46%]

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

お久しぶりどす。

新興はともかく、何か225まで弱いですね。 ブルドックソースの祟り?
私も禿タカには好感持ってないですけど、彼らに見捨てられても・・・  ねえ。

2 ■お疲れ様です。

オイラも投資ブログやってるんで、
良かったら見に来てください!

お互い頑張りましょう。

3 ■かぴばら さん

こんばんわ。225は予想以上に持ちこたえましたね。禿たかも汚い正攻法って感じですが、それにしても日本株は青い目の人たちによって総仕手株化してるんじゃないかって感じです。

4 ■hayashi さん

こんばんわ。読ませていただきましたが結構面白かったです。頑張りましょう。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2791位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
934位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。