スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この程度、暴落とはいわんのじゃーーー

私は1996年に父親に頼み込んで証券口座を開いてもらいました。頼み込んだ理由は、単に大人がやっていることをしたい、みたいな背伸び精神からだと思います。当時は信用調査なんかも今と比べ物にならないほど厳しく、また規制緩和もされていませんから、簡単に口座開設できず、ましてやネット注文なんてありませんでした。父親は自分が株好きなせいもあり賛成してくれましたが、母親は大反対しました。


私はお年玉の貯金、パチンコで稼いだ金(当時は三回権利モノってのが安定して勝ちやすく、平均日当3~5万ぐらいいけました。今は無理でしょうが)、はたまたこっそり奨学金までぶちこんで投資を始めたとき、日経225は確か22000ぐらいだったと思います。


当時はバブル崩壊の戻り相場でしたが、感覚論ですが現在よりスピーディーな展開はなかったものの値動き大小は激しかったような気がします。金融システム不安が頭をもたげ、とにかく突然の「暴落劇」をよく演じており、日経225が20000を割ったーなどとニュースが出ていました。私は96年12月から1月に日経225が17000台まで暴落して大ダメージをうけ、その後8月に退場、退場後の97年の秋には山一ショック、そしてアジア通貨危機がありました。ドル暴落もありましたね。


1999年に再度相場に復活し、順当に資金を増やしましたが、2000年に突如ITバブルが崩壊しました。どうして私が市場参加者になるとこうなるんだと、マーケットの神様をうらみました。崩壊前の姿は今のBRICS系と内需・新興系の二極化とまったく逆の二極化で、ハイテク、IT、酷い場合はカタカナのかっこいい名前の銘柄であればなんでも上げるが、オールドエコノミーや漢字のダサい名前の銘柄ならなんでも売られるという状況でした。崩壊時のヤフーはストップ安3回、ストップ高1回のサイクルを繰り返すような異常な乱降下を繰り返しながらみるみるうちに時価総額が小さくなっていきました。


それからは何とも悶々とした日々でした。「今日上げても、どうせ明日はまた下げるだろう」。世間のニュースは暗く、拓銀、あしぎんなど地銀が倒産するという当時としては信じられないニュース、9.11、金融ビッグバン、かと思えばりそな公的資金投入、もう悪材料は数え切れません。そして2003年にはソニーショックによりソニーは2日連続ストップ安、日経225は7000台に突入・・・稼いだ利益の2倍の損失を出す毎日で、何度も株をやめようと思いました・・・


とかく、昔はネット証券の普及度合いもあるのかもしれませんが、ある日突然信じられない売り気配とかザラにありましたね。もっと昔のバブル崩壊の様相は私にはわかりませんが、それは語ることもできないぐらいの惨事があったことでしょう。父親は体験していますが、私はこんなの体験したくない、と思いました。


そんなつらい日々を送りながらも株をやめずに現在に至ってきた経緯をもって、今の相場に吼えてやりたいです。
「けっ、こんな程度で、暴落と呼べるかい!」


(注:100万ヤラレで負け惜しみ)


【本日のトレード】
NYの夜の感触、終わりの見えない為替の動きから昨日の持ち越し時点ですでに敗北、16000割れは確実と判断、寄り付きで全投げしました。ここで売買スタンスを「戻りショート」に設定。


ところが、予想以上に異常な下落が激しく何と昨日同様、500刻みキリの15500に早くも13時40分ごろ到達、あまりにも早いため、売買計画変更し、ここでセリクラの動きと見て15500回復後に丸紅、洋金、東邦亜鉛、住友鉱山に突撃。


しかしこれが運の尽きでした。14時30分ごろ、ろくな抵抗もなく15500を再度破られ、丸紅ストップ安で投げ、他も全投げ。前日比7桁は自己ワースト達成。


ちなみにマネーパートナーズではスプレッドがガバガバに股裂きになり、とてもFXデイトレをする気にもなりません。そもそも一瞬で平気で50pipsとか動くのでもはや「賭場」です。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
なし


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税引後)
45636(-1017) [-2.22% : +97.33%]
(FX)前週比:前年比(税引前)■週末のみ更新します
5672(0) [0% : +41.8%]


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大     株☆ブログランキング

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

僕も今日は130万ヤラレました(。>0<。)

同じリーマントレーダです。

絶対負けないぞ!

2 ■こじこじ さん

こんにちわ。
まったく一発で命取りになりかねない相場です。
ノンビリ気分で頑張るしかないですね。

3 ■土砂降りの相場

昨日今日と大変な相場ですね。私は買いの損を東芝やTDKなどの空売りの益で一部埋めていました。(それでも大幅マイナスですが)信用の玉はゼロにし、すっきりしました。

FRBが利下げとのことでNYは上がって始まりましたが、明日の朝まで持つかどうか・・・

4 ■tamtam さん

こんばんわ。
こういう事態でショート一本でもあれば大分気分も違いますね。私はほとんど外してしまっていたので、ちょっと後悔です。

5 ■無題

bossa777さん、はじめまして

最近、ちょくちょく読ませていただいてます!
私もリーマントレーダーです。

今日の「暴落とはいわんのじゃー」の話、
大変興味深かったです。
それでも、保有株が下がるのは痛いっすね。。
お盆でだいぶ資産減らしました。

しかも今日も少し買い向かってしまいました。。

6 ■swing_tiger_trader さん

はじめまして。
今回の波乱は、逃げ場は用意されていたといえばあるような感じだったのでまだましだと思っています。
といって、870円も下げていますが・・・
月曜復活するといいですね。

7 ■無題

こんにちは、本当に凄いボラの相場です。
さて、bossaさんもパチンコ名人だったのですね。
以前、私のブログでパチンコ名人に学ぶ投資術というのを書いたことをありますが、ギャンブルに強い人は、株でも成功する確率が高い様に思います。今後とも宜しくお願いします。

8 ■ヤレヤレ…

散々だったね。 こちらも寄り付きで投げ
即225売りで何とかだったが、後場の
なし崩しまで引っ張り切れなんだ。
で、懲りもせず大引け間際に少し買い。
ほとんど博打、300-400円もリバれば一度利確予定。

まぁ100万負けっつっても2%ちょいだし
リスク管理してる証拠でしょ。
でもお互い内容良くない負けだから
イライラしてるのかもね。
一発樹海でもないんだし、すっきり行きまひょ。

9 ■無題

bossa777さん、こんばんは。
掲示板は下がると盛り上がるんですね(^o^)
ところで今回の暴落は日本株(現物・信用)に関しては、個人投資家による過熱感は特になかったと思うのですが、為替や先物(mini225)などでは個人投資家による買われすぎ指標はあったのでしょうか?大型書店に行っても株本のコーナーは縮小傾向にありましたけれど、確かに為替本は増えていたような・・・
もし、株でいうイートレの売買代金(買い・売り)や松井情報などと同様なデータが為替や先物にもありましたら、教えて下さい、よろしくお願いします。

10 ■reit_fight さん

こんばんわ。
確かにパチンコは投資に通ずる点もあるように思います。釘がダメな台をいかに早く見切り、良い台を長時間粘る(含み損銘柄を早く切り含み益銘柄を買い増す)とか。
逆に期待値論の考えなんかは通じそうで株式では通じない感じがします。
個人的にはパチンコはギャンブルというより投資に近いと思っています(レバレッジはないですが)

11 ■ぅぃ さん

こんばんわ。
正直言って金曜は予想以上でした。
ここまで予想外だともうしょうがないという気分なので別段ショックはありません。ロットも小さかったので助かりました。
月曜からの動きは難しいですね。

12 ■ユメクイ さん

こんばんわ。
確かに日本株は任天堂以外はあまり過熱感はなかったですね。
先物は裁定やCTA業者のオペなど我々では太刀打ちできない要素があり個別銘柄とは違うとは思いますが、あえて個人の動きを見るなら、225miniの建て玉情報を見てはどうでしょうか。
暴落前はネット証券の建て玉(ロング)が大量にありました。
為替については外為どっとコムやFX Onlineのポジション情報で見れますが、こちらは個人過熱どうのこうのは深く関係ないと思いますよ。
まあ東京主婦のクロス円ロングポジションは80%ぐらい飛んだらしいですが・・・
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
808位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。