スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラウンドトップを狙う

(7日に後付け更新です)

あまり見かけませんが、ラウンドトップを狙う手口について。


売りサインといわれるラウンドトップ、どういう局面かというと、株価が勢いよく上昇後、徐々に出来高が少なくなり、丸みを帯びた天井形になって、ある日を境に墜落するというものです。


一般的に利確(撤収)サインといわれていますが、私は邪道にも空売り攻撃で使います。条件はというと、

(1)方向感が見えない地合で、相場参加者が少なく、様子見を決め込んでいる。

(2)地政学的リスクがただよっている。地合悪化の方向に転びやすい状況になっている。

(3)堕ちれば、大量の売りサインが一気に点灯する個別チャートである。(25d線割れ・直近安値割れ)

これらの条件を満たしている場合に、ラウンドトップ形成を見越して打診で売りを入れます。邪道の域に入ると思います。


あくまで打診の域を超えていないので、動かない、あるいは逆に上昇してしまった場合はさっさと撤収です。


上の考えによるものとは言い難い形ではあるのですが、ゼンテック、25d線越えから力尽きたケネディクスを売りました。(最初一休と書いてましたが一休を売ったのは7日の間違いでした。)


【マイポジション】

売建:ゼンテック・テクノロジーズ・ジャパン(4296) 5

売建:ケネディクス(4321) 5

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■初めまして

ちょっと変わった職業してるめぐです♪

職業ネタで頑張ってるので見てくださいな☆
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
613位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。