スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



流れが変わるとしたら、どこに流れるか注目

洋金・・・任天堂・・・野村全食いしとけば・・・
ブツブツ・・・


と、タラレバをかましてうっぷんを晴らしたところで、ここはリターンを捨て裏返しであるリスクを回避し、イベント終了後に動こうという意思決定を下していた矢先の結果ですから、まあしょうがないです。


一旦はFOMCイベントはポジティブ・サプライズとなった格好であり、NY、為替は早くも方向感を見せ始め、また金融不安も和らいだことにより銀行・証券は寄り付き異常な買い気配を見せましたが、何せ今年の日経はヘボ反応というか投機市場というか、世界の上方向の動きにはついていけず、下方向の動きには敏感に反応しますから、大手を振って突撃というのは微妙なところかというのが正直なところです。


相場の中身としては、利下げによるNYの急動意によりCMEが高く帰ってきて、指数は大きくギャップアップですが、ザラ場の中身はやはり日柄調整を要するといった動きに見えなくもないです。引け前に安心感が出てワラワラと買われるあたりも慎重さが市場に溢れている、そんな気概でしょうか・・・?


ともあれこのイベントにより一旦は各市場での流れの変化が起こったという前提で、日本市場の流れは変わるのか、今年の特徴的なセクターにカテゴライズしてチェックしていこうと考えています。
1.大型:鉄鋼・非鉄・商社・海運・プラント・重工+任天堂など今年最強セクター
2.大型:銀行・証券・不動産など最弱セクター
3.中小型:1のセクター(材料性あり)
4.新興:38系
5.新興:時価総額上位組み
6.新興:超割安
7.あまりにもよわい不動産ファンド


現在はとりあえず今年の流れを継続と仮定して、1、3あたりを攻めると共に、2は一旦25d線までの勝負と考えてみずほインベを久々に仕掛けました。ザラ場の動きをみても銀行株は寄り付きワンショットで試合終了という感じでしたが、1はジワジワと頑張っていましたね。どうでしょうか。


6についても、日本和装あたりがようやく目立つ動きをはじめるなど、そろそろ目立てばじわじわと再評価されるのかも。ただあまりにも下落が酷すぎるので、日柄調整はあるんでしょう。まずはボックス化の流れになるかどうか。


【本日のトレード】
・野村は観念して確定。アパマンはかろうじて確定逃げ切り。
・こういう時の住友鉱山、そして昨日手放した洋金買戻し、こういうときその2の丸紅は空振り。
・みずほインベスターズに突撃。やっぱりショボイ・・・
・ITXは67000の板がしつこいので、撤収。
・チャートをいっこうに崩さない中小型海運系で、乾汽船を買い。
・FXがかなり攻めやすくなりました。クロスレートではオセアニア系が明らかに強く、GBPが弱い・・・AUD円、NZD円のロング、GBP円ショートのスタンスで応戦。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
買建:大平洋金属(5541.T) @1721*2000
買建:住友鉱山(5713.T) @2475*2000
買建:みずほインベスターズ証券(8607.T) @183*15000
買建:乾汽船(9113.T) @2080*1500
売建:インデックスHLDGS(4835.Q) @38850*50


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税引後)
48244(+42) [+0.08% : +107.63%]
(FX)前週比:前年比(税引前)■週末のみ更新します
6277(0) [0% : +56.92%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大     株☆ブログランキング

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
613位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。