スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



仕手空売り

新興株は仕手株と変わりませんが(仕手の言葉の定義によりますが)、これだけ急騰したのだから落ちるときも早いだろうと安易に空売りするとひどい目にあいます。


今日の朝の気配は特徴的で、昨日貸し株超過がひどかったCA、CCI、ブイテク、ファンコミあたりは8:30ごろから凄い買い気配、対照的に他の銘柄は昨日のあおりからかやばそうな気配でした。やはり踏み上げ状態、といったところで、8:50からこれらの気配がさらに上がると、弱かったスパークスといった信用銘柄までぐいぐい気配が上がり始め、明らかに指標仕手株のあおりによる連れ注文といったところでしょう。


昨日も書きましたが、昨日の崩れ方でひと相場終わったなんて考えていると今日みたいになりますから、ほとんど時の運状態です。


仕手株や新興株の空売り自体、リスクが高く危険手口として説明されることが多いですが、私は確実なロスカットによるリスク管理さえちゃんとできていれば別に構わないと思いますし、実際、昨年からのパフォーマンス源泉は新興株の空売りでした。もっとも、新興株の空売りが危険と説明される場合、今の状況のことをイメージして説明されているのでしょう。


私も数年前に仕手の空売りで何回も大ヤラレの経験がありますが、下記のような事例でまずい精神状態に追い込まれたことが原因でした。リスク管理・メンタル管理ができていない証拠です。


(1)大陰線をつけチャートが死んだと思って空売りしたら翌日息を吹き返し、どうせ下がるだろうと舐めていたら大幅高したので怖くなって踏み
(2)天井くさい動きをしていたので空売りしたら、荒っぽい動きを繰り返しながら2段あげし、いずれは下がるものだからと我慢していたら、寄り付きで連日S高張り付きを始める事態となり、目の前が真っ白になって耐えられなくなり踏み
(3)仕手戦はどうせ終わってそのうち暴落するから、と含み損が巨大になっても塩漬けにし、案の定出来高も少なくなってきておりしめしめだったのですが、2週間後、突然生き返り新高値をつけたので最悪ポイントでの踏み(ドッドウェル)
(4)しゃれにならない逆日歩を吸い取られ、損失も出て、二重苦にブチ切れて踏み


うまくいって大儲けになったこともあるのでその辺が中毒的なクセになるのでしょうが、メンタル的にも痛いので、性格的に厳しいとおもうなら禁じ手にするのも一つの方法でしょう。


かく言う私も、今日はファンコミの5d線割れを空売りし、S高手前でストップになるということをしでかしました。


【本日のトレード】
チグハグ。ダイビル、プリヴェ、日東電工など最近流れのない銘柄に手を出し、後場の先物爆弾で翌日持越しが怖くなり引け際にぶん投げ。持ち越しのショートはどうせチャートに元気が無いし下がるだろうと放置したらジワジワ伸びだし、本日高値圏で踏み。その後急降下。。。


踏み上げにきたブイテク240000を買い、一時ストップ高ぐらいまできたのでストップを259000に上げたのですが、ふるい落としで約定したのはスリップして255000。いったいどれぐらいの下げ勢いだったのか・・・その後イヤミのようにストップ高・・・調子にのってファンコミを空売りしたら、ストップが甘くS高で踏まされる始末・・・


まあ仕手戦はどう動くか想像もつかないので、結果論もありますが、他のトレードも含め、最近相当脇が甘くなっている気がして反省です。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
買建:ダイビル(8806.OS) @1473*2000


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
52206(-503) [-0.96% : +123.29%]
(FX)前週比:前年比(税20%控除)■週末のみ更新します
6858(-538) [-7.28% : +71.47%]


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大   

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
864位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。