スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



メンタル管理

リスク管理という概念は相場で生き抜くために不可欠ですが、いろいろな観点からのリスクがあると思います。


損失の限定やポジションサイズなどリターンの裏返しとしてのリスクもありますし、機会損失(本来取れるチャンスを逃したことによる概念上の損失)もリスクと見る考えもあります。買わないリスクというやつですが、もっとも、これは賛否両論でしょうが・・・


また一時的に仕事が深夜に及んで忙しすぎて、市場に時間を裂けないのもある意味リスクの一つといえるでしょう。


そのほかに自分は、メンタルが乱されるのをコントロールするというリスク管理もあると考えます。例えば、波乱相場で大損失を出した場合、ヤラレを取り戻したい一心でリスクを忘れ、リターンのみについつい目が行き(皮算用)、ポジションサイズを上げてしまいたくなる心理状態に追い込まれることがあります。


こういう人も、平常時には「波乱相場にポジションサイズを大きくするなんてジャンキーのやること」とセオリーを理解しています。しかしヤラレを喰らうとセオリーがどこかに飛んでいってしまい、結果失敗し損失が見たくも無い領域になると「何でおれはこんなことをしでかしたんだ・・・」と取り返しのつかないことをしてしまったことを後悔します。


ここでいう「こういう人」とはズバリ私のことで、私の過去の大敗パターンはこればかりです。私の大敗パターンはヤラレ増幅パターンか、大勝で気をよくして調子に乗りポジションを増やし、いつのまにかトレンドが変わっていて利益を全て飛ばしてしまうパターンです。


最近は、こういう自分の心理パターンがわかってきたり、最悪時損失額を具体的に数字にしたりしているので、自分のメンタルが壊れない程度の状態は保てています。ヤラレ回避はほぼ不可能なので、やってしまったらあとはメンタルとの戦いです。


最もリスク管理すべきは混乱すると変なことをしでかしたくなる自分のメンタル、と思うのは私だけでしょうか?


【本日のトレード】
DJIAの13000陥落は現在の日本市場心理的に相当インパクトがあるかと懸念(私は売り方なので期待?)していましたが、15000が意外と堅い動きでした。しかしまだ何があるか分りません。クロス円も朝にまたまたギャップダウンしましたが、一応、60分トレンドが復調気味。でもこちらもまだ何があるか分りません。


上にも書いていますが、売り方としてかなり利益を伸ばすことができたので、今日は撤収気味で、あと調子に乗らないようトレードする気はあまりなし。先物のスキャルだけ。昼休み後場先物ギャップダウンの成り売りは今のところ成功率100%。


今日は大証、光通信が反発したので確定、インヴァスト証券はやっとまとまった売り板が朝から落ちてきたのでこれを買い取って利確しました。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
売建:ケネディクス(4321.T) @220500*20
売建:SBIイー・トレード証券(8701.Q) @102000*30


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
56380(+9) [+0.01% : +139.78%]
(FX)前週比:前年比(税20%控除)■週末のみ更新します
6979(+2) [+0.03% : +74.49%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大   

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

メンタル管理には興味があるので、しっかり読ませて頂きました。もともとの失敗はメンタル管理にある、というのは今のbossa777さんの取引を見ていると意外ですね。ポジションサイズも小さくなっていますし。
ちなみに、僕のメンタル管理は、相場とはそもそも予測不可能な生き物である。というある種の諦観に基づいてたりします^^; かなり気楽になります(おそらく、扶養されている学生という身分が一番の安心材料でしょうが)。

2 ■無題

こういう人=私もです。
私は、今のような興奮の滝に入っているときは
今回の場合だと、前日比プラス引けしたら
最安値一下を損切りにして買いではいるのですが
月曜日の寄り付きで買いたい病にとりつかれて大量に買ってしまいました。
当然ボラが大きく、しかも底を確認していない状態でしたのでその日のうちに当然負けてきりました。。
トレンド転換したら買い一番手候補銘柄が
トレンド継続のための出遅れ売り銘柄になってしまった感じです。
私は信用口座を開設していないので、売りが出来なく、一週間いらいらし、買いたい病にtとりつかれたようです。笑

3 ■ケングリフィー さん

こんばんわ。
自分はブログでは平静を装っていますが正体は短気で喜怒哀楽が激しい人間です。
そのため大きなドローダウンをよくやります。2004年のマザーズ暴落では1ヵ月半で270万くらいドローダウンしました。当時の資金量では相当きつかったです。
最近はPFで全ストップ確定・評価損失を見ながら自分の精神力で耐えれそうな範囲でポジション増減させています。自分がわかってきた(同じ失敗をしてきた)ので最近は改善されてきています。

4 ■ヤンマー さん

こんばんわ。
私もだいぶ改善してきたものの、ポジションを減らすたびに別のポジションをとってしまう病気がありました。
病気だと自覚しつつやろうとしてしまうので、発注クリックする右手をたたいて制止したことがあります(実話)
今年の相場は信用か先物口座がないと1年の半分ぐらいはヒマになると考えています。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
455位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。