スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



地獄絵図再来か?

今週なんですが下げ基調であることはまず間違いないでしょう。

先週金曜のSQ算出日の様子と出来高のショボさを見る限りは下げ基調は明白と考えられます。


リスクファクタを整理して攻めかたを考えますが、やはり難局であり手堅い攻め方はないでしょう。

■地政学的リスクファクター

1.中東情勢の緊張感、原油懸念 極大

2.北ミサイル 中

3.次期総理など

■チャート的リスクファクター

3.NYダウが金曜に直近安値10700付近で下げ止まったものの、強固な買いが入って反発したとは言いがたい水準であり、すぐに抜かれてもおかしくない状態にある。抜かれれば底なしになってしまう。

4.アンダーレジストと思われていた225平均15000を割られ、逆に15000で上値跳ねという転換線ムードをありありと示している。

5.225平均は下降フラッグ形から堕ちており、一般に急落の恐れがあるといわれている。下降フラッグによくあることだが、明確な出来高地帯がなく、14000まで明確なフシを感じない。

6.ソフトバンクに代表される個人好み銘柄は、先行組みは直近安値を更新している。追証ゾーンに来ているとも見える。


以上が買い方リスクファクターとすれば、売り方リスクファクターは(逆リスク)

7.14000前半に先般深追いしすぎた死に売り玉がまだ積まれていると想定される。踏み上げ勢力になる脅威がある。

8.連日マイナスとなっているためそろそろ自律反発が怖い。


3で10700を抜かれると先行き不安が底なしとなり現状の水準では投げ祭りになる可能性があります。私の投げ祭りの表現は、いわゆるセリングクライマックスのことです(薄い買い板に売りが浴びせられるのではなく、押し目買いがバンバン入るものの売りが怒涛のように飛んできて崩され押し目買い組も売り手に回る状態です。心理的にパニック化しており正常な判断ができなくなっているとき)。


下げ基調ベースで考えていいと思いますが、乱高下も予想され日単位では相当暴れるでしょう。


以上より、賛否両論もあるでしょうが、来週の攻め方は

(1)NYダウが10700切ったら問答無用で売り攻撃(できれば、直近安値組や安値付近にすでに来てしまっているものは避ける)

(2)投げ祭りが発生したら、売り玉は無理せずほどほど利確し反発打診買い狙いを伺う。買い玉量は小さめにする。

発生していないと判断される下げ(出来高イマイチ)の場合は、反発も薄いと考えられるので、見送り。

(3)225平均14100-200付近は反発注意し参加しない。近づかない。

(4)14000割ったら問答無用売り。チャートがかろうじて生きており、危険だがあえて流動性の低いところをベストと考えて売る。

(5)反発したらひたすら戻り売りを狙う。こちらは売り玉量大きめで攻める。特に15000まで戻すようなら問答無用で仕掛ける。

(6)今週、まだ投げ祭り発生していないが、ダラダラと下げて直近最安値の割り込みが発生したものは、投げ祭り発生を期待して思い切って少し売ってみる。


(6)はめったにやらない手口(むしろ危険)ですが、それほど地合が悪いと私は判断しますのでたまにはやってもいいかなー程度です。(多分、場ではびびってやらないかと思います)


ボラティリティは相当高くなるでしょうが、これに乗じて大もうけしてやろうと欲をかかないことが重要かと思います。デイトレならまだしも、場を監視できないリーマンは往復ビンタで大ダメージを食らう可能性もありますからね。


【マイポジション】

売建:ワークスアプリケーションズ(4329) 50

売建:ジー・モード(2333) 37

売建:モーニングスター(4765) 20

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■お見事!

いやぁ、お見事。
完璧なトレードでしたね。拍手喝采です。
私は東1売ってまして、日経に負けました、どーも銘柄選定間違ったなぁ。。。

2 ■Re: お見事!

ありがとうございます。ここまではまるとは思いませんでした。自分では相場運が70%ぐらいしめていると考えています。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
816位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。