スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大きく勝ちたければ、レバレッジを下げる

ポジションサイズやレバレッジを上げたくなる心理は、大きく勝ちたいからということでしょうが、逆に大きく勝ちたければレバレッジを下げた方がいいような気がします。


私はかつて、レバレッジ2倍超ぐらいを常時維持するのが常態化しており、それが当たり前になっている時期がありました。それは、投資技術が伴えば、その方が大きく勝てるからと思っていたからです。結果として大きく勝ってもそれ以上負ける日々が続いていましたが、それは自身の投資技術に問題があるのだろうと思っていました。


あるタイミングで、仕事が忙しかったこともあり、また何か市場参戦のプレッシャーに疲れてしまったこともあって、レバレッジを大きく下げたことがあります。結果、その月のパフォーマンスは過去最高となりました。市場環境はそれまでの月と大して変わっておらず、自分はそのとき、自身の投資技術が上がってきているのかな?と思いつつも、別段劇的に変わったとも思えず、多少運が味方したのだろうと思いました。そのまま続けていると、翌月も過去最高に近いパフォーマンスが出ました。


どういう風の吹き回しだろうと考えた結果、レバレッジを下げたことが逆に大きく勝てた原因ではないかと考えました。


レバレッジが大きいとき(それが常態化していたとき)は、エントリーして少し下げただけでそれなりの損失になり、そこでロスカット貧乏になるケース、またたまに踏ん張ってみるとみるみる損失が拡大してしまい、底値で切らされてしまうケースが非常に多いことがわかり、また逆にエントリーして上昇したときは気分がいいですが、反落するとあまりに利益が吹っ飛ぶのが早いため、もったいなく感じてそこで逃げてしまい、結果として利益を伸ばせず中途半端に終わる、といったケースが多いことがわかりました。つまりチャートより自身のポートフォリオの浮き沈みの方が優先されてしまう心理状態になってしまうということです。


逆にレバレッジを下げると、チャートを見ながら冷静に判断できる余裕ができ、例えばエントリーして多少下げたぐらいでは、まだ損もたいしたことないし捨てるチャートじゃないとか、あるいはすでに失敗トレードだったようなので損がしれているうちにさっさと切ろうとかいった適切な判断ができ、また上昇した際も、多少の反落ぐらいはよくあることと利益追求のホールドが余裕をもって行うことができます。つまり自身のポートフォリオの浮き沈みが大きくないため、市場の流れの方を優先できる心理状態となり、結果として合理的な戦略をとることができることとなります。


前者は平常心を乱されるため合理的な投資戦略を知っていてもその戦略が採りづらく、逆に後者の方が、誰もが知っている合理的な投資戦略の実践が平常心をもって無理なく行うことができ、むしろ大勝ちしてしまうとは意外でした。それだけ投資メンタルというのが重要だということもわかりました。


読者の方で、ハイレバレッジ状態が慢性化している人は、一度大きくレバレッジを下げてみるのもどうでしょうか。


来週はオーストラリア11年半ぶりの労働党勝利にどういう反応を示すかいきなりAUDの動きに注目、出尽くしよりも朝からいきなり売られそうな気配、クロス円に飛び火するようですとまた日本市場はイライラする展開となりそうです。個別ではワークスアプリ、松井証券あたりに注目しますが、あまり面白いチャートがありません。

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■突然のコメント失礼いたします。

~ 他社で行っていないFX会社のアフィリエイト多数! ~

突然のコメント失礼いたします。
私「2pm」というアフィリエイトサービスプロバイダーを運営している石川と申します。

「2pm」には、報酬が高く他社が行っていないFX会社のプロモーション案件が多数ございます。

よろしければ、ご登録いただき、ご紹介していただきますようお願いいたします。

【2pm プレミアメディアパートナー】
http://www.2pm.jp/
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
940位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。