スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



証券税制もいいですが、FXも・・・

証券税制改正が昨年話題になりましたが、それよりもFXの方をそろそろなんとかしてもらいたいものです。


投資家サイドとしては、FX損益は総合課税ゆえ(くりっく365はおいといて)、
1.年度税金対策が難しい(それなりの税務知識を要し、めんどう)
2.期中の税引後損益評価が難しい(税金はみなし試算ベースしかできず、精緻な評価計算ができない)
3.繰越損失通算ができない
4.確定申告そのものがめんどうくさい
といった悩みが考えられます。


個人的には、1は家族口座を使ったり、2は精緻な計算はあきらめてみなし税率で適当に月間評価損益を作ったりしています。しかし年度が終わっても確定申告書作成するまで税金試算が難しく、現在掲載の評価資産も多分結構ずれているでしょう。まあこの辺はドンブリ勘定であきらめもつきますが・・・


3は大ヤラレを喰らった投資家にとっては翌年度のモチベーションの低下を招きます。4は個人的には毎年やってますので苦にはしていませんが、敷居が高く感じられる人もいることでしょう。


一方、くりっく365は分離課税20%で上記の悩みはおおむね解消されますが、業者のスプレッドや手数料が多いなど、相当の資産運用下になければむしろデメリットのほうが目に付きます。


いっそのこと、FXも先物取引の一種ですから、全て特定口座制にして分離課税にしてはどうでしょうか、と思います。


これは国にとってもメリットがあると思います。FXが一般的になりつつありFX人口も増えている昨今、投資家の手元に埋蔵している税金の回収率を透明的に上げることができますし、またどこかの校長先生のような脱税者探しに血眼になる無駄な調査コストを抑えることができます。


もっとも、そうなると、くりっく365は事実上意味がなくなるわけですが・・・

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
864位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。