スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



不明瞭の極み

昨日は疲れていて更新できませんでした。


日経225は13000にまとわりつくかのような重苦しいしょーもない動きで、昨日のヘナヘナ振りに加え、本日はご丁寧に窓をキッチリ埋める寄り天、その弱さはコンセンサスにもなりつつある感じです。13000はあまり固くないような感じですが、直近では二点底展開・12000-14000の三角持合展開・2段下げ展開と何が起こってもおかしくない不明瞭さです。


ここで個別チャートを見ると、日経225のチャートに対し、かなりばらつきが出ています。新日鉄はじめ鉄鋼や三井造船などは底抜け状態となり、一方で海運は強含み、商社はしっかり、ハイテクはわけわからない動き、銀行・証券はどこに行くのという感じ、225銘柄ではないですが番外で不動産ファンドなどはゴミ扱いと、セクター別にもばらついているのに加え、セクター内でも銘柄同士でややチャートに強弱感が出ています。新興は小型は買い手不在でヘロヘロですが、突然買いが集まるとワラワラと上昇するあたり仕手地合化しているのかもしれません。


寄り付きの強弱感も意外な感じがします。


個人投資家の立場としては、225の先行きは総論、個別は各論で、各論こそに意味があると思っていますが、それにしても全体的に重苦しく、ばらつきも無作為な感じで仕掛けづらく、勝つのが非常に困難な相場ではないかという認識です。戻り待ち売りをして、じっくり下がるのを待って、利益が出たらサッと逃げるヒットアンドアウェイ的な戦略が向いているのかもしれません。


【本日のトレード】
機械・プラントがこのところ弱いので、昨日は大和冷機、島精機、東芝プラントをショート。崩壊しそうな感じがしたので、売り一辺倒で持ち越したところ全て買い気配スタート・・・伊藤忠、丸紅はぶん投げましたが、後場思わしくなかったので伊藤忠は売りなおしました。


余計な手数が原弘産とNGI。原は妙にチャートが気になったので買ってみたらナイアガラになりました。NGIは引け前にドボン。


ようやくFXがドル円レンジトレード中心に調子が上がってきました。ポンスイも好調。あと、ドルカナがパリティ前後をふらふらする動きになってきたので、これにてドル・カナダの強弱感を見ながらカナダ円もやってます。ドルがレンジ上限でドルよりカナダの方が強ければカナダ円を機械的にショートする、という感じ。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
先物買:日経225ミニ 08-03 @13060*1000
売建:楽天(4755.Q) @45000*50
売建:サイバーエージェント(4751.T) @86000*30
売建:伊藤忠(8001.T) @1020*3000
売建:大和冷機工業(6459.T) @512*4000
売建:島精機製作所(6222.OS) @4110*600
売建:東芝プラントシステム(1983.T) @796*3000


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
64201(-509) [-0.78% : +8.14%]
(FX)前週比:前年比(税20%控除)■週末のみ更新します
8695(+0) [+0% : +6.24%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
775位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。