スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



レンジ相場のポイント(2)

レンジ相場では中小型・新興株などで特に材料性・テーマ性の高いものが、主力株そっちのけで火を吹くことがよくあります。最近では電池関連、スピード関連でしょうが、昨日は電池関連から派生で古河と名がつけば買われるといった状態でした。


これは、レンジ相場では主力株に手詰まり感がある上、市場参加者の評価損率もそれほど高くなく、「行きたがる資金」自体は十分に存在している状況ゆえ、目に付く(目立つ)テーマや連日の値動きなどでこういった脇役銘柄に一気に資金流入してしまうということかと思います。


逆に、これがトレンドが見えている状況ですと、材料性が高くとも一発で終わったりというケースが多いように感じられます。これは主力株にトレンドがある状態ですから、別に無理に飛びつかなくても・・・ということなのかもしれません。


また、最近はイマイチですが、新興株などはこういうレンジ様相にて、「激しい値動きそのものが材料視」され現象化するケースもあります。低位株もしかりです。


材料性に飛びつくのは無謀・ジャンキーとも取られかねないですが、こういったレンジ相場では案外理にかなっており、むしろレンジをチマチマたしなむより効率的といえるのかもしれません。かくいう私は、電池もスピードも指をくわえてみているだけとなりましたが・・・


【本日のトレード】
買い分は全て投げさせられ。SQ値付近まで先物は下げて来たのでイブニングにまた買いなおしてみました。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
先物買:日経225ミニ 08-09 @14090*1000
売建:新日本製鐵(5401.T) @633*10000


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
75135(-218) [-0.29% : +26.56%]
(FX)前週比:前年比(税20%控除)■週末のみ更新します
9824(+633) [+6.89% : +20.03%]


----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  
関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

はじめまして。

1000万を超えた辺りから拝見させていただいておりました。
素晴らしいパフォーマンス、見ていて気持ちよかったです。

私事で恐縮なのですが、本日、退場が決定してしまいました。
そこでお聞きしたいのですが、bossa777さんは、再起にのりだせたのに何かきっかけがありましたか?
また、チャートの勉強をするにあたって参考にした書籍等ありましたでしょうか?
今は呆然としており再起を見出せませんが、いつか戻ってきたいので勉強はしておきたいと考えています。

いきなり質問で、本当に申し訳ございません。

2 ■warranty さん

こんにちわ。
私の場合、実は再起するつもりはなかったのですが、インターネット売買が自由化したため、興味を再び持ったというのが直接の原因です。
チャート分析については、吉見俊彦「チャート分析の真実」を勉強しましたが、内容はやや古く、賛否両論で結構退屈な本かもしれません。でもこの程度のシンプルな知識で十分な気もします。
市場に放出した損失はいつか必ず取り返せると信じていますので、必ず再起されてください。

3 ■bossa777さん

ご返答、ありがとうございます。
改訂版が出ているようなので、しっかり読みます。
いつか必ず取り返せると信じて精進します。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1058位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。