スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もみあいの戦略

実戦上は数々のもみ合いのシーンを見かけます。短期もみ合い・中期もみ合いなど、期間の大小や見方の尺度の違いはあれど、相場のほとんどはもみ合いで成り立っているといっても言い過ぎではないかと思います。


もみ合い戦略として、下記3つが挙げられるかと思います。


(1)もみ合い中の価格の往来を攻める
・これは、一見簡単そうですが、実戦上は、そもそも現在がどのようなもみ合いの形成中であるのかの判断が難しく、また、もみ合い中にありがちな市場の一喜一憂に踊らされたりダマシにあったりして、なかなか思うようにいかないのが現実です。また、コツコツ利益を積むという考え=投資の原則である損小利大に固執できない考え、であることから、コツコツ利益を積むつもりがコツコツ損失を積まされたりします。大きなチャネルをとらえながらあわてずじっくり待つのがコツのような気がします。


(2)もみ合いブレークの瞬間を攻める
・これがもっともパフォーマンスに直結するチャンスパターンですが、そもそもチャンスの絶対数自体が少ない、またブレークした瞬間がもっともボラが高いため、見逃しやすいという特性があります。従って、もみ合い形成中に、「そろそろブレークしそうだ」とかアンテナを張っておかないと対応が遅れてしまいます。個人的にはブレークしそうなチャートをマークするか、あるいはブレーク方向にある程度あたりがつけられる(ファンダや全体地合いなどを鑑みて)場合は、もみ合いブレーク前に仕掛けてしまうこともあります。


(3)もみ合いブレーク後の押し目(あや戻し)を攻める
・実戦上はもみ合いブレークを目の当たりにしてから気づくことがケースとして多いのではないかと思います。ブレーク後、しばらくしてもとのもみ合いゾーン近くまで押し戻され価格が戻るケースがよくあります。この場合、すでにブレーク時点でトレンドは転換していると考えられるため、買い(売り)チャンスになることが多いです。ただし、本当にもみ合いゾーンまで完全に戻ってしまってダマシ完成になったり、そもそもブレーク後あや戻しも一切なく勢いに乗ってしまうこともあるため、失敗したり指値が刺さらなかったりしてもよくあることとスッパリあきらめるのがいいかと思います。


本日は6月18日以降の日足下降トレンドラインをブレークし、7月17日以降の下値抵抗線との間の小さな三角もちあいをブレークする形となったため買いに出ました。ただ期間が短いためエネルギーはさほどでなく、まずは75MAのある13600付近で止まるのではと考えています。


【本日のトレード】
寄り付きで225先物ロスカット&新規買い。新高値を目指す富士重・古河電工のコンビに突撃。注目のドルストレートは戻り売りのチャンスを手ぐすね引いて待っているのですが、ほとんど戻らず。欧州タイムが楽しみなところ。


新興では楽天がストップ高ですが、逆にアーバンは驚愕のストップ安。何かインサイダーでもある?一昨年に誰がこんな姿を想像したでしょうか。


【現在のポートフォリオ】
(株式)
先物買:日経225ミニ 08-09 @13300*1000
買建:富士重工業(7270.T) @610*8000
買建:古河電工(5801.T) @541*10000


【評価資産推移(千円)】
(株式)前日比:前年比(税10%控除)
74691(+210) [+0.28% : +25.81%]
(FX)前週比:前年比(税20%控除)■週末のみ更新します
11304(+809) [+7.71% : +38.12%]

----- 応援クリックお願いします -----
人気ブログランキング大  

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
871位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。