スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いまさらメタトレーダーの凄さに気付く

いまさらながら、MetaTrader4にはまっています。存在はずっと前から知っていましたが、なぜ今まで使おうとしなかったのか自分が理解できないぐらいはまっています。


MT4の凄さは百聞は一見にしかずで、ユーザーならすぐにわかることかと思いますが、
チャートツールとしての機能がずば抜けており、画面のカスタマイズや豊富なインディケーター(しかもカスタマイズ追加できる)を有していて、ユーザーを力の入れようによりシンプルに使うこともヘビーに使うこともできます。個人的にはチャートの組表示がお気に入りで、これは複数チャートのテクニカル属性や画面構成のみならずトレンドラインなどユーザが記入したものまで「組」として保存し、必要に応じて呼び出せるというものです。また、インディケーターについても標準装備のものだけでなく、独自のプログラム言語によりカスタマイズ追加できますが、ユーザーが世界的に多いのでインターネットを探せば独自のインディケーターをダウンロードして使うことも可能です。私が何を見ているかはおいおい書くとして・・・いくつかダウンロードしてみています。


また操作性が抜群に良く、株式なら楽天証券のマーケットスピードが最強と思っていますが、FXならMT4、と言えるかと思います。表示通貨ペアも豊富で(接続サーバー、業者によるみたいですが)、さらにDJIAやCFDのリアルタイムも照会できます。DJIAのリアルがサクサク見れるのはありがたいです。オフラインチャート機能を用いて10年チャートを見る、なんてこともできてしまいます。


ここまでの機能を持ちながらフリーときたもんですから、通常のチャートツールとしてMT4を利用すれば、すでにFX業者のチャートは見る必要がなくなります。個人的にはFX業者の差別化要因としてチャート機能は完全に消えましたね(もっとも、MT4以上のチャートツールを有していれば話は別ですが・・・)


Expert Adviserによるシステムトレードについてはまだ幼稚園児状態ですが、時間があればそのうち勉強してみたいと思います。が、それ以前にチャートツールとしても凄すぎます。


あえてケチをつけるところといえば、時間が日本時間表記でないこと、および発注機能がもう一つかな・・・という程度でしょうか。


MetaTrader4はロシアのMetaQuotes社が開発したツールで下記から無料ダウンロードできます。MetaTrader4から発注したい、あるいはシステムトレードに挑戦したいという場合は、国内業者ではODL Japanが最有力でしょう。CFD口座も開けばMetaTrader4からCFD(貴金属・原油)チャートチェック+発注もできます。またMetaTrader4日本語マニュアルも設置されています。


MetaQuotes社(ロシア)


ODL Japan

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
910位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。