スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



住宅供給過剰が郊外田舎でも発生?

私の祖父の家は大阪から電車で2時間、駅からは近いものの郊外の見渡す限り田んぼだらけのひなびた雰囲気の田舎の農家なのですが、近年その風景が変わってきています。結構なスピードで住宅が増えてるんです。

それも戸建もさることながら、賃貸マンション・アパートの量が増えており、回りののどかな風景と少々ギャップを感じてしまうほどです。実は私の祖父も賃貸マンション持っています。

常に投資のことを考えている自分としては、このエリアは現在発展途上にあり、今投資すれば儲かるんじゃないかと一瞬思ってしまいます。

しかし冷静に見ますと、マンションは結構空き室があり、行政発表の人口統計ではそんなに悪くもないものの、特段に人口増加するようなエリアでもなく普通に減少傾向エリアです(不動産好きには当たり前の話ですが、基本的には人口の上昇するエリアは今後レアで、ほとんどは減少エリアです。日本全体で人口減少してますので)。

またこれは祖父の場合ですが、生産緑地指定後30年間経過(税負担少で宅地転用可)、農地や山林をたくさん運営する体力がない、マンションディベロッパーの売り込み攻勢、といった要素から、マンションを建てることを意思決定したようですが、土地柄からみて祖父の周辺の世帯でもずらっと同じような状況に置かれていると想定できます。ディベロッパー営業マンのセールストークとしては、「土地の有効活用」「回りの集落でもやっている」という地主向けアピールや「老後対策」「相続対策、節税」など個人サラリーマン投資家の将来不安をあおるようなトークが並び、どちらかといえば攻撃的な投資というよりは、やむなき状況ゆえといった根拠での投資という色合いが強そうです。

結果、一瞬は発展途上エリアかと勘違いしてしまいますが、今度はオーナー同士の食い合いとなり、実際にはいびつな形で住宅供給過剰状態(実際どうか知りませんが私にはそう見える)を生み出しています。

以上のことを考えると、投資(買い)は自分の主観より、置かれた人(売り)の立場を客観的に考慮したほうが良い結果を生みそうですね。自分は良い流れに乗っていくだけです。

それにしてもマンションデベロッパーはハイエナのような動きをしますね。自分の田舎がかなり変貌してしまい寂しい限りです。

■本日のトレード
ドル円は80円を割ってきていますが、ドルストレートを見ると対ドルで売り転換しておりドル売りの流れからリスク回避の流れに変わってきており注意が必要です。DJIAも5日連続陰線となっていて非常に不気味です。ポジションはひっこめていませんが、特に今のところ新規はなく静観しています。

■現在のポートフォリオ
ディー・エヌ・エー、サイバーエージェント、フリービット

■ランキング応援クリックお願いします!
人気ブログランキング 
関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 誤記について

ふへっ、その通りでした。ありがとうございます、訂正しました。

> いつも更新を楽しみにしております。
> 首記の件、
> しなびた → ひなびた ですね。
> 萎びた(水分の抜けた)田舎を想像して楽しくなってしまいました。
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
864位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。