スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



パチンコは投資かギャンブルか

学生のころパチプロまがいの生活してました。ろくに講義にも出ず朝から晩までパチンコに明け暮れており、月平均40~50万、多い月で90万近くありました(現在では難しいでしょうね)。

ちなみに株式投資を最初に始めた時の資金は、奨学金とパチンコから出ています。最低ですね。

パチンコで収入を得る秘訣は単純で、回転率の高い台=釘の甘い台を持ち玉でできるだけ長時間打つ、平たく言えば「良い台を朝から晩まで打っていればいい」これだけです。常勝のためには回転率の高い台を探しまわること(時には沿線のホールを片っ端から探し回る)と、朝から晩までひたすら打ち続けることのみに労力を費やします。釘が読めないうちは試し打ちで回転率をチェックします。

このセオリーをストイックにくりかえすことで収支は上がります。もちろん、大当たりは何分にも確率のものなので全くあたりが出ず大負けしてしまう日もあり、逆に予想外の大勝ちの日もあります。酔った勢いでチャレンジとか、時間が空いたのでちょっとやってみるかとか、新台が面白そうだから打ってみよう、とかしているとセオリーに反しますから収支は平均して下がっていきます。

つまりセオリーをストイックに繰り返しているうちは「投資」、これに反する行為を行い気分や運をあてにすると「ギャンブル」になると言えそうです。

これは株式投資でもある意味通ずる面があり(もっとも投資対象の選定やタイミングの概念など、複雑性はパチンコの比ではありませんが)、いかに投資セオリーをストイックに実行できるかが成否の鍵を握ると考えられます。逆に欲や感情に駆られるとギャンブルになってしまいます。

ちなみにパチプロになろうかと本気で思った時期がありましたが、うるさいホールで機械を相手にボーッと打ち続けるのは人間の所業ではないと思うようになりそれ以来やめました。あのころは「いい経験」だったのか「無駄な時間を過ごした」のかいまだに複雑な心境です。

■本日のトレード
日経平均は9600あたりが一杯とみておりショートしてみました。あと高値掴みの危険がありますがチャート的に面白いミクシィに手を出しました。

■現在のポートフォリオ
日経ミニ売り、ミクシィ買い、USD/JPY(売り)

■ランキング応援クリックお願いします!
人気ブログランキング 
関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
864位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。