スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



投資と事業

すごくどうでもいい話を書きます。日本語の単語の話です。

「不動産投資」という単語は昔からある用語だと思っていましたが、実は著名な「金持ち父さん貧乏父さん」でロバート・キヨサキ氏が初めて使用した用語なんだそうです。それまでは「不動産事業」といっていたそうです。これは知りませんでした。でも自分もビジネスをしていますが、資本投下して利益を得ようとする行為には違いないわけで、そう考えると「投資」と「事業」って同じようなもんじゃないかって思ってしまいます。

違いがあるとすれば、投資も事業も資本は投下はするものの、事業は人智とその実行に伴う労力を投下して主体的にその価値を高めようとするもの、というのがありそうです。

個人レベルでは、株式投資や為替においては、自分の力で株価を高めたりレートを動かしたりということはできません(ただし物言う大株主は別)。株価は企業の実働隊の成果である業績が動かし、為替は国策・国勢が動かします。ゆえに投資ということになります。一方ビジネスはアイデアやマーケティング、チャンスの察知、頑張りの力で成果を動かすので、事業ということになります。

上記定義が正しいのかよくわかりませんが(おかしい気もしていますが)、そういう意味では不動産は?というと、過去のキャピタルゲイン目的の動きは投資といえそうですが、人口減少、供給過剰傾向にある日本においては、放っておいても入居者が入る時代から今後、集客やリフォームなどの市場価値を高める行為、時には袖の下(やや脱線)などにより、お客さんの取り合いの競争市場になっていくでしょうから、こちらは「事業」と言えるのではと思います。

■本日のトレード
DJIAは直近最高値付近まで来ており全体的に手を出しづらい状況です。いまさら225を買いに行く気もしないので本日は見送りました。

■現在のポートフォリオ
EUR/USD(売り)

■ランキング応援クリックお願いします!
人気ブログランキング 
関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
836位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。