スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テクニカル分析について(4)

私はテクニカル分析はチャート分析(ローソク足、出来高、移動平均線)ぐらいしかほとんどやっていないと書きました。オシレーター系は昔は見ていましたが最近はほとんど見ません。理由は下記の通りです。
・買いサインが出ているとき、計算式の特性上、ローソク足でも弱買いサインになっていることが多い。
・オシレーター系の買いサインを、自分の「買いたい欲望」の動機付けとして飛びつき仕掛けを行うことを抑制したい。
・当たり前といえば当たり前だが、出来高の概念が計算に入っていない。結局、日足チャートと突き合わせる必要あり。
・理論の根拠が眉唾くさい。数式を並べているが、得体の知れない観測的根拠が概念に包含されている。
・見ている時間がない。見ている時間があれば他の銘柄のチャートを見たい。
というわけで、一般的なチャートを見るだけで十分じゃないかと考えて、オシレーター系は見ていません。


ただし、ローソク足、出来高、移動平均線以外で補助的に使う場合があります。使っているのは、価格帯レシオと一目均衡表ぐらいです。


価格帯レシオの使い方は、やはり出来高の多い価格帯を視覚的に知るためです(まあ出来高グラフを見れば大体分かりますが)。価格帯レシオは終値ベースで当日出来高を集計しているので、長いひげの多い過熱圏ではややぶれる可能性があり、ここは注意する必要があります。


一目均衡表は、上値抵抗線を突破したばかりで明確な上値抵抗線がない銘柄など、「売り時」が明確でない場合に、利確ポイントを計画するのに使っていて、買い仕掛けポイントを探る場合にはほとんど使っていません。前に「テクニカル上の買いサインがなぜ買いなのか論理的根拠を知っておくことは重要」と書いたことと矛盾するようですが、これとともに「テクニカルを見て売買している勢力がいる」ことも事実、従って結構利用者が多いと考えている一目均衡表を使っています。
例えば、今建てているアルプス技研(4641)も、このまま上昇トレンド形成したと仮説を立てた場合、日足チャート上はどこを短期利確ポイントに計画すべきか微妙です。こういう場合に雲の手前で利確しとこうかなー程度に使っています。


さて、225先物は16000で耐えているというべきか・・・26w線に嫌われているというか・・・東証1部出来高と共に微妙な数字ですので・・・東1のランキングもなつかしの怪しいどころが最近ちらほら顔を出しますし・・・
ソフトバンクはじめ、ゼンテック、CCIなど新興主力の出来高が減退していて5d線を抜かれており、ラウンドトップの危機を感じるチャートになってきました。明日モケモケするようなら25d線くらいまでの短期調整をもらいそうなところですが、前とは地合が違うので、どうなんでしょう。


昭和真空は本日の1Q決算発表前の上昇トレンド滑り込み買いにIRリスク回避売りをぶつけていくつもりだったのですが一向に買い板が現れず、苦労して500株ずつ売りさばいて引け後上方修正発表・・・存外な気分ですがまあ世の中こんなもんです・・・流動性の非常に低い銘柄はこれだから怖いですね。
Human21が煮つまり三角チャートから上へ動いたので現物で買い増し、日本フェンオールも買い増ししました。荏原はマイ転したので半分利確しました。


今日も「Vテク攻略法」をやってみました。@1010kの売り板が溶けたので今日はダメかなと思っていたら、押されて@1000kまで戻ってきたのでここから売り仕掛け、今日は@1000k->@990kでした。この手口はいつまで使えるでしょうか。


【マイポジション】
現物:Human21(8937) 平均@1737*4000

買建:荏原製作所(6361) @487*4000

買建:日本フェンオール(6870) 平均@1292*1000

買建:アルプス技研(4641) @1520*3000

関連記事



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■bossa777さん

コメントどうもです。
電車の中の日経新聞は良く見ますよ。多いですよね。でもチャートA4の紙で出して、一生懸命線を引いているその方の姿は、本当に必死で、すごいなーというのと、広い意味で仲間意識を感じましたね。

毎回、詳細な記事、すごいですね。
いろいろ勉強になります。ありがとうございます。

2 ■さすがの株バカの私も

人前でチャートの紙を広げて、線を引くのは恥ずかしくてできませんね・・・四季報は重くて持ち歩く気にならないですね・・・

最近ホテル暮らしの上、仕事ヒマなんでブログたくさん書いていますが、そのうち減ってくると思います・・・

3 ■たまに

見ますね、電車の中で四季報を見ている年配のおじさん。付箋張りまくりでしたね。ホテル暮らしですか!?たまにはしたいですが、長いと家が恋しいものですかね?

4 ■Re: たまに

四季報、速報が楽天で見れるので買うの辞めました。ホテル暮らしってヒマでしょうがないですよー
掲載履歴
ダイヤモンドZai 2009年1月号ダイヤモンドZai 2009年1月号


日経マネー 2008年6月号日経マネー 2008年6月号


-------- [広告] --------


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
613位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

bossa777

Author:bossa777
30代妻子持ちサラリーマンのスイングトレーダー改め起業家トレーダーです。1996年(20歳)で奨学金をつぎ込み180万から株式投資をはじめましたが、わずか1年で資産が60万を割り、発狂寸前で相場の世界から退場を余儀なくされました。その後、規制緩和・ネット売買時代突入を機に、1999年より再び相場の世界へ再チャレンジしました。現在は起業しており、株式だけでなく、FX、CFD、不動産など幅広く投資対象を広げています。「感情を制すものが相場を制す」をモットーに日夜相場と格闘しています。

運用実績
1996.08-97.08 180万→58万(退場)
1999.08 60万(再起)
1999 151万(+152.20%)
2000 131万(-13.41%)
2001 79万(-39.53%)
2002 61万(-28.84%)(退場を検討)
2003 321万(+783.50%)
2004 679万(+206.73%)
2005 967万(+42.47%) (...)
2006 2530万(+161.52%)
2007 6767万(+167.47%)
2008 7766万(+47.44%)(うち1500万出金)
2009以降 ややこしいので公開やめ
※07年よりFX込み、前年比は入出金を控除して計算
※このほかに10年から不動産所得が少しあります
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
相互リンクをご希望の方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
RSSリンクの表示
カウンター

現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。